入退院支援部門

入退院支援部門とは

入院治療を受けた後、完治して入院前と同じ生活を送ることが出来れば何も心配はないのですが、慢性疾患や悪性疾患など治療を継続しながら病気と向き合って生活していかなければならないこともあると思います。急性期病院である当院においてもこのような患者さんが多くなっており、入院すると同時に退院に向けた準備が必要になってきます。
入退院支援部門では、入院中あるいは外来通院中の患者さんが在宅でも必要となる医療・看護・介護の橋渡しをしていくために患者さんやご家族の方の想いをお聞きしながら、退院後の療養生活を整えるための相談・準備をさせていただきます。

PAGE TOP

相談・支援内容

■例えば、下記のような場合にご相談ください。

継続する医療処置があるとき

ADL(日常生活自立度)が低下して、退院後の生活様式の再編が必要なとき

自己管理が不十分な状態で退院するとき

同居者の有無に関わらず、必要な介護を十分に提供できる状態ではないとき

かかりつけ医や、訪問診療を行う診療所を紹介してもらいたいとき

訪問看護をお願いしたいとき

医師・担当看護師・医療ソーシャルワーカー・薬剤師・リハビリ・栄養士などの関連職種と連携しながら、療養生活を送るための支援をさせていただきます。
また、院外においては、地域の医療機関・訪問看護ステーション・介護福祉施設等と連携をとりながら、安心して療養していただけるよう個人情報に留意しながら情報提供をさせていただきます。

PAGE TOP

連絡先

退院支援・療養相談を希望される方は、医師または看護師にご相談ください。
お電話でのお問い合わせは下記までお願いします。

場所:一宮市立市民病院 南館B棟1階 在宅療養相談室 入退院支援部門
受付時間:月~金曜日 午前9時~午後4時(土・日・祝・年末年始除く)
電話番号:0586-71-1911(内線 3434)

PAGE TOP