循環器内科

循環器内科とは

狭心症、心筋梗塞(急性期、慢性期を問わず)などの虚血性心疾患、弁膜症、成人の先天性心疾患、心筋疾患、心膜疾患、心不全、高血圧性心疾患、不整脈など心疾患のすべてを対象とします。特に虚血性心疾患では、その原因である高脂血症や糖尿病などの治療もしております。また、心房細動が原因となる心原性脳塞栓症の予防の為の治療も行っております。その他にも、大動脈解離、大動脈瘤などの大動脈疾患、閉塞性動脈硬化症、腎血管性高血圧等の末梢動脈疾患、肺塞栓、下肢深部静脈血栓症等、心血管系の疾患すべてを診療対象にしています。
メタボリックシンドロームが話題になりましたが、メタボリックシンドロームでは、心筋梗塞の可能性が10から30倍になるといわれております。生活習慣(食生活など)の変化から気づかない間に動脈硬化が進行している場合が多いのです。高血圧・肥満・糖尿病・高脂血症などの治療を受けている方の中にも自覚症状のないままに動脈硬化が進行している場合が少なくありません。そこで、当院では、患者さんの負担が少ない心臓CTを積極的に用い、動脈硬化の程度を正確に把握したうえで、予防・治療に積極的に取り組んでおります。
受診される前から病名が分かっているわけではありませんので、病名を列記しても戸惑われる方が多いと思います。実際に受診される患者さんは、動悸・息切れ・胸痛・眩暈等の症状が多いようですが、少しでも心臓について不安があるのであれば、御相談下さい。月曜日から金曜日まで新患外来を行っております。新患外来は、必ず、日本循環器学会専門医が対応しております。

※ 心血管内治療の充実について

心血管内治療は、主に狭心症・心筋梗塞に対する経皮的冠動脈形成術や、不整脈に対するアブレーションといったカテーテル治療やペースメーカー植え込み術などに取り組んでいます。
愛知県立循環器呼吸器病センターは、これまでこれらの治療において東海地区有数の実績を重ねてきました。循環器呼吸器病センターとの統合により、この貴重な経験で培った知識と技術を活かし、 さらに良質な循環器医療を提供したいと考えております。
心血管内治療は、循環器内科の一翼を担うものですが、そればかりにとどまらす救命救急センターとも連携し、院外心停止症例に対しても、経皮的心肺補助装置(PCPS)や脳低温療法などの高度な医療を用いて積極的に取り組み、その蘇生率の向上を目指しております。
また、上記の治療ばかりでなく、リハビリテーション、栄養指導や服薬指導、退院後のケア、予防医学など総合的で多角的な医療に取り組んでおります。
心血管内治療では、医師・看護師・薬剤師・臨床工学技士・放射線技師・検査技師などの幅広い職種のスタッフが医療チームを形成し、一丸となって患者さんに正確な診断・最適な治療を提供し、笑顔で退院していただくことを最大の目標としております。

PAGE TOP

循環器内科 外来診療医担当表

休診日:土・日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
受診受付時間 :午前8時~11時15分(全科)  ※ただし、急患の方は、随時受付いたします。

循環器内科
外来診療医担当表はこちら

PAGE TOP

スタッフ紹介

氏名 志水 清和
職名 診療局長
循環器センター長

資格・専門領域等

資格:
医学博士
日本循環器学会専門医
日本救急医学会専門医
日本集中治療医学会集中治療専門医
総合内科専門医
日本心血管インターベンション治療学会指導医
植え込み型除細動器・両心室ペースメーカー認定医
日本救急医学会ICL認定コースディレクター・インストラクター
JMECCインストラクター
専門領域:
心血管内治療 循環器疾患
氏名 松井 義親
職名 内科統括部長

資格・専門領域等

資格:
医学博士
日本循環器学会認定専門医
日本内科学会認定医
専門領域:
循環器疾患
氏名 山田 道治
職名 循環器内科部長

資格・専門領域等

資格:
医学博士
日本循環器学会専門医
総合内科専門医
専門領域:
心血管内治療 循環器疾患
氏名 浅井 徹
職名 心血管内治療部長

資格・専門領域等

資格:
医学博士
日本循環器学会認定循環器専門医
日本内科学会認定内科医
植え込み型除細動器・両心室ペースメーカー認定医
日本不整脈心電学会認定 不整脈専門医
専門領域:
不整脈治療、循環器疾患
氏名 大橋 雅子
職名 医長

資格・専門領域等

資格:
医学博士
日本循環器学会認定専門医
総合内科専門医
氏名 谷口 俊雄
職名 医長

資格・専門領域等

資格:
日本循環器学会認定専門医
日本内科学会認定医
日本救急医学会専門医
氏名 杉浦 剛志
職名 医長

資格・専門領域等

資格:
日本循環器学会認定専門医
日本内科学会認定医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
氏名 梅本 紀夫
職名 医長

資格・専門領域等

資格:
日本内科学会認定医

 

 

氏名 水谷 崇
職名 医員

資格・専門領域等

資格:
日本内科学会認定医
氏名 柴田 直紀
職名 医員

資格・専門領域等

資格:
日本内科学会認定医

 

氏名 平松 友理
職名 専攻医
氏名 井上 祥
職名 専攻医
氏名 岡田 太郎
職名 非常勤医師

資格・専門領域等

資格:
日本循環器学会専門医
日本内科学会認定医

 

 

PAGE TOP

当院循環器内科について

当院は平成22年より愛知県立循環器呼吸器病センターと統合いたしました。それから4年が経過いたしました。統合当初より、西尾張地区の基幹病院として、より充実した施設になるよう研鑽を積んでまいりましたが、良好な成績を上げることができました。
当院では、根拠に裏付けられた治療を念頭に、アメリカ及び日本の循環器学会のガイドラインを遵守し治療方針を立てており、治療・診断に際しては、risk/benefitを常に検討したうえで行っております。当然のことですが、『病気を診るのではなく、病人を診る』をモットーにしており、患者さん、御家族とともに病気と向き合うことを方針としております。医療の根源は、患者様及び御家族の方との信頼関係です。
したがって、病気について十分理解していただくことが、我々の最も大切な責務であると考えており、様々な御要望や御質問に応えるよう努めております。
また、質の高い医療が求められるのは当然のことです。東海地区有数の症例を経験し、それぞれに真摯に向き合うことで、日々研鑽しております。それらの経験から得た知見を発信し、積極的に学会発表を行い絶えず自分たちの医療内容を検証し、決して自らの実績に溺れることなく、より質の高い医療を追求する姿勢を見失わないように努めております。
また、循環器疾患は急性疾患という印象が強いと思います。突然、状態が変化する点ではそうなのですが、実は、循環器疾患は長く、継続的に治療を要するものが多いのです。如何に安定した状態を長く続けるかが重要であり、長年にわたり患者様をサポートできるように地域の先生方に御指導いただきながら、綿密な病診連携をはかっております。

PAGE TOP

真の24時間365日常勤について

我々が自らの医療に真摯に取り組む覚悟として、統合以来、真の意味の24時間365日体制を実践しております。心筋梗塞など循環器疾患は、多くの場合急激に発症します。そして、それらの治療は、まさに時間との勝負です。どれだけ早く治療ができるかが患者様の命と大きく関係しています。決して極端な話ではなく、5分が生死を分けることがあります。院外の循環器内科医が病院に駆けつけて対応するのでは、どうしても時間のロスが生じてしまいます。そこで当院では、循環器疾患に迅速に対応すべく循環器内科医が24時間365日病院に常駐する体制を整え、これまで継続してきました。循環器医が24時間365日病院に常駐するのにはもう一つ重大な意味があります。当院では多くの循環器疾患の治療を行っております。これらの患者様の中には、一旦安定されても、突然、重症不整脈を起こすこともあり、循環器疾患には予測不能な面が多々あります。そのような時に、循環器医が院内に常勤しすぐに対応できる施設とそうでない施設では、自ずと結果もかわってくると思います。実際に、循環器医が院内にいたからこそ、すぐに対応でき、無事退院できた患者様を今まで何人もみてきました。当院を信頼し入院していただいた患者様に安心して入院生活を送っていただくためにも常駐体制は重要であると痛感しておりますしかし、循環器医が24時間常勤している病院は意外に少ないのが現実です。当院で継続することが可能であったのは、循環器内科医だけではなく、心臓外科チームをはじめ、看護師、臨床工学士、放射線技師などの協力があったからこそで、我々と共に医療にかかわる多くのスタッフの想いが結実した結果であり、今後とも大切にしていきたいと考えております。

PAGE TOP

治療実績

確実に実績を積み重ねており、いずれも県内有数の実績となりました。今後とも、スタッフ一同、より一層の研鑽を積み、地域医療に貢献できるよう邁進してまいります。

治療内容 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
経皮的冠動脈形成術 625症例 582症例 519症例 459症例 454症例 472症例
カテーテルアブレーション 108症例 109症例 123症例 114症例 118症例 119症例
ペースメーカー 98症例 74症例 85症例 72症例 75症例 67症例
埋込型除細動器 17症例 27症例 31症例 21症例 15症例 24症例
両心室ペーシング 18症例 17症例 19症例      
経皮的弁形成術 2症例 1症例 1症例      
経皮的心肺補助 14症例 18症例 12症例      

PAGE TOP