血液浄化センター

血液浄化センター

入院専門、10床で、腎臓内科医師、6名の透析室専任看護師、2名の臨床工学技士により運営されており、維持血液透析導入、急性腎障害、維持透析合併症入院に対する治療、PE、DFPP、GCAP、PA、CARTなどの特殊透析を行っております。維持透析は行っておりませんが、血液透析導入後における退院調整期間のみ、通院透析に対応しております。
透析室専任看護師は、腎臓内科外来での腎代替療法選択説明、腹膜透析外来も担当しており、さらに毎週、病棟看護師、ケースワーカーが加わった病棟透析室カンファを行っております。

PAGE TOP