組織図、局員紹介

組織図

 

PAGE TOP

局員紹介

薬剤局長

山村 益己

病院薬剤師の主な業務には、従来からの内服外用調剤・注射薬調剤・服薬指導の他に、ここ数年大きなウエイトを占めるようになった抗癌剤を中心とした注射薬混合調製、抗癌剤レジメン管理、専門・認定薬剤師を中心としたチーム医療への参画、病棟薬剤業務等があります。 当院ではこれらの業務をバランス良く行い、さらに、顔の見える薬剤師として患者さんにより一層安心して薬物療法を受けて頂けるよう薬剤局一丸となって努力していきたいと思っております。

各種専門・認定薬剤師など 日本緩和医療薬学会緩和薬物療法認定薬剤師(社団法人 日本緩和医療薬学会)

山村 益己・吉田 昌子

緩和薬物療法認定薬剤師とは、緩和医療の精神を理解し、緩和薬物療法に関する知識を習得し、 医師・看護師・その他医療従事者と共に患者治療に資する薬剤師を育成する目的で、日本緩和医療薬学会が認定した薬剤師です。 患者さんやご家族のQOL(Quality Of Life)を少しでも改善できるよう努めてまいりたいと思っておりますので、よろしくお願いします。

日本医療薬学会がん指導薬剤師(社団法人 日本医療薬学会)

桜田 宏明・大島 有美子

日本医療薬学会がん専門薬剤師 (社団法人 日本医療薬学会)

桜田 宏明・大島 有美子・浅野 寿規・川瀬 洋次

がん薬物療法認定薬剤師 (社団法人 日本病院薬剤師会)

大島 有美子・杉野 善彦

日本医療薬学会認定薬剤師(社団法人 日本医療薬学会)

桜田 宏明

日本医療薬学会薬物療法指導薬剤師

桜田 宏明

当院は地域がん診療連携拠点病院であり、チーム医療による専門的ながん医療の提供に加え、地域医療機関との連携やがん患者さんに対する相談および情報提供を行う役割を担っています。私たちの役割は、化学療法推進委員会(さまざまながん薬物療法の妥当性を評価し承認を行うことや、安全ながん薬物療法の運用を検討する組織) やがん診療支援委員会(がん診療にかかわる地域連携・研修・患者相談などを考える組織)、 キャンサーボード(多職種で意見交換を行い、情報を共有する会)などに参加し、患者さんへの抗がん剤の適正な使用に努めており、外来化学療法室や 各病棟にてがん薬物療法の説明を行うことです。また、 当薬剤局はがん専門薬剤師研修認定施設であり、若い薬剤師の育成にも励んでいます。一丸となって日々努力して行きますのでよろしくお願いします。

NST専門薬剤師(日本静脈経腸栄養学会)

岩田 智樹・本田 壯一郎 

栄養サポートチーム立ち上げ当初からチームにかかわり、患者さんの栄養療法の指導とチーム運営に貢献できるようにがんばってきました。そして平成18年に専門薬剤師を取得しました。NST専門薬剤師としての役割として、
(1)栄養薬剤の選択・適正使用法の指導、
(2)栄養剤の衛生管理・適切な調整方法の指導、
(3)栄養輸液の投与方法の指導や詳細な投与計画の立案、
(4)栄養障害ある患者さんの早期発見・早期対応、
(5)栄養療法に関する問題点の抽出 等を行っています。
さらに、地域の他の病院や施設等の栄養士、薬剤師と「尾張北西部NST」を立ち上げ情報交換を行いながら施設連携の充実を図り、患者さんがどこの病院や施設でも安心して栄養療法が行えるようにしていきたいと考えています。

糖尿病療養指導士(日本糖尿病療養指導士認定機構)

堀田 敏之・本田 壯一郎・安原 健輔・亀重 貴弘 

私達4人は、糖尿病教室での外来患者さんを中心とした指導、薬剤局お薬相談室でインスリン自己注射を導入される患者さんへの指導、病棟での自己注射が正しく実施されているかの確認、服用している薬の説明などの服薬指導を行っています。糖尿病で教育入院される患者さんは、糖尿病治療の3本柱である食事療法・運動療法・薬物療法を短期間で習得し、今までの生活習慣も変えていかなくてはならないことがあるため、不安に思うこと、疑問に感じることが多々あると思います。私達は、糖尿病で苦しむ患者さんのこのような気持ちの負担を出来るだけ解消し、どんな事でも話しやすい環境を提供できるよう努力していきたいと考えています。 

感染制御認定薬剤師(社団法人:日本病院薬剤師会)

山中 規明

感染の原因となる微生物は院内・院外を問わず、さまざまな場所に潜んでいます。当院では、ICTと呼ばれる医師、看護師等の多職種からなる感染対策チームを立ち上げ、患者さんの感染予防を中心としたさまざまな感染対策活動を行っております。その中で、薬剤師として患者さんの感染症治療に使用される抗菌薬の適正使用の管理や、感染防止を目的として使用される消毒薬の適切な使用法のアドバイスを行っています。日々進化していく“目に見えない敵”との終わりなき戦いを制し患者さんを守って行くため、日々努力していきます。

PAGE TOP