神経内科

神経内科とは

神経内科はわかりにくいといわれています。特に間違えられやすいのが精神科、精神神経科、神経科、心療内科等です。これらの科は精神科の仲間で、おもに気分の変化(うつ病やそう病)、精神的な問題をあつかう科です。また、心療内科は精神的な問題がもとで体に異常をきたしたような病気をあつかう科で、もともと内科のトレーニングを受けた先生が多いですが、一部精神科の先生方も心療内科として診療を行っています。
神経内科はこれらの科と異なり、心の病(やまい)や精神的な問題からではなく、脳、脊髄、末梢神経、筋肉などの病気をみる科です。体を動かしたり、感じたりすることや、考えたり覚えたりすることが上手に出来なくなったときにこのような病気を疑います。われわれは手術をしないで内科的に薬やリハビリテーションなどにより神経の病気を治療します。以前は神経難病といわれ、経過をみるしかないといわれた病気でも、徐々に治療法が開発されつつあります。

PAGE TOP

神経内科 外来診療医担当表

休診日:土・日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
受診受付時間 :午前8時~11時15分(全科)  ※ただし、急患の方は、随時受付いたします。

神経内科
外来診療医担当表はこちら

PAGE TOP

スタッフ紹介

氏名 伊藤 宏樹
職名 診療局長
科部長

資格・専門領域等

資格:
日本臨床神経生理学会認定医(脳波分野、筋電図・神経伝導分野)
日本神経学会専門医・指導医、日本自律神経学会評議員、日本内科学会総合内科専門医・指導医、日本内科学会教育責任者
氏名 中藪 幹也
職名 脳卒中部長

資格・専門領域等

資格:
日本神経学会専門医・指導医
日本内科学会認定医
氏名 田村 拓也
職名 医長

資格・専門領域等

資格:
日本神経学会専門医・指導医、日本内科学会総合内科専門医・指導医、臨床遺伝専門医
氏名 野田 智子
職名 医長

資格・専門領域等

資格:
日本神経学会専門医、日本脳卒中学会専門医、内科認定医
氏名 松本 美紀
職名 専攻医
氏名 蔭山 遥
職名 専攻医
氏名 櫻井 信夫
職名 非常勤医師
氏名 寶珠山 稔
職名 非常勤医師
氏名 森田 須美子
職名 非常勤医師
氏名 稲垣 智則
職名 非常勤医師

PAGE TOP

こんな病気を取り扱います

脳の血管の病気 : 脳梗塞、脳出血など
認知症 : アルツハイマー型認知症など
神経難病 : パーキンソン病、脊髄小脳変性症など
神経感染症 : 脳炎、髄膜炎など
免疫によって起きる神経の病気 : 多発性硬化症、重症筋無力症など
末梢神経の病気 : ギランバレー症侯群、糖尿病性末梢神経障害など
筋肉の病気 : 多発性筋炎、筋ジストロフィーなど
不随意運動 : 本態性振戦症、眼瞼痙攣、片側顔面痙攣、痙性斜頚など
その他の病気 : 頭痛、めまい、てんかんなど

PAGE TOP

こんなときに、ご相談ください

頭痛、めまいやたちくらみ、手足の痛み、しびれ、手のふるえ、力が入らない、物が二重に見える、歩きにくい、しゃべりにくい、動作が鈍くなった、物忘れがひどいなどの症状の方を診察します。眼瞼痙攣の患者さんのボツリヌストキシンの治療も可能です。
なお、患者さんの病状により手術が必要な場合は脳外科や整形外科に、精神科的な治療が必要な時は精神科に紹介することがあります。
神経の病気は経過が重要なことが多いので、症状の変化をメモにしていただきますと助かります。すでに他の病院に通院している方は、必ず紹介状か診療情報提供書を持ってきていただくようにお願いします。また、薬を内服されている方は、診察の時に内容をお知らせ下さい。

PAGE TOP

検査について

頭部CT : 脳の断層写真を取ります。予約は不要でその日のうちにやれます。
頭部および脊髄MRI : 脳や脊髄の断層写真をとる検査です。
MR脳血管撮影(MRA) : 脳の動脈や頚動脈の状態を調べます。
脳血流シンチ(SPECT) : 脳の血液の流れの分布をみます。
頚動脈エコ- : 頚動脈の動脈硬化の状態を調べます。
脳波、各種誘発電位 : 脳や脊髄の機能を調べます。
筋電図、末梢神経伝導検査、疲労試験など : 末梢神経や筋肉の働きの検査です。
自律神経機能検査(24時間血圧測定、CVR-R、起立試験など) : 自律神経の働きを調べます。

※頭部CT以外の検査は神経内科を受診後、必要に応じて予約となります。

PAGE TOP

治療について

神経疾患の多くは経過が長く、一生患者さんがつきあっていかなければならないことがあります。このような患者さんの悩みや苦痛を身体面や精神面から支えていきたいというのがわれわれの願いです。また、新しい薬や治療法が開発された時は出来るだけ早く採用したいと考えています。

PAGE TOP

神経・筋疾患臨床遺伝専門外来について

<受診される患者さんへ>

当外来では、遺伝性神経筋疾患に関わる様々な問題や不安を抱えておられる患者さんに対して、神経内科専門医、臨床遺伝専門医の立場から時間をかけて、できるだけわかりやすく病気や遺伝のことについてご説明致します。お気軽にご相談ください。

<相談例>

ある病院で神経難病と診断され、遺伝する可能性があると言われたが、それ以上の満足できる説明を受けられなかった。今後の自分の病気の見通しや家族も同じ病気になるのかどうかについて知りたい。

家族や親戚に神経筋疾患の診断を受けた者がいるが、最近、自分にもその人と同じ症状が出てきた。自分も同じ病気ではないか、遺伝性の病気ではないかと心配なので、診察や検査を受けたい。

<開業医の先生方へ>

家族性がある方はもちろんですが、家族性が不明でも結構ですので、遺伝性神経筋疾患が疑われる患者さんをご紹介いただければ幸いです。受診の際には診療情報提供書をいただきたいと存じますので、よろしくご協力の程お願い申し上げます。

<対象となる代表的な疾患>

脊髄小脳変性症

家族性パーキンソン病

家族性アルツハイマー病

筋強直性(緊張性)ジストロフィー…など

PAGE TOP

神経内科医を希望される学生や研修医の方へ

本院は尾張西部医療圏の中核病院として地域医療に貢献しています。一宮市、江南市、岩倉市、小牧市、稲沢市など近隣には神経内科の常勤医師がいないため、多くの神経疾患の患者さんがみえます。そのため、脳血管障害や神経難病など神経疾患の研修をするためには最適の病院と思います。神経内科の初期研修にとって重要な脳波、筋電図や伝導速度などの手技は専門医の指導により十分に修得していただきます。また、学会発表や症例報告などに積極的に取り組んでいただきたいと思います。卒後3年目からは内科ローテート研修後、神経内科にフィックスとなります。卒後5年目からは神経内科の常勤医師として勤務することも可能です。
病院見学など大歓迎ですので、当院管理課庶務(TEL 0586-71-1911)までご連絡下さい。

PAGE TOP