小児科

小児科とは

新生児から15歳(中学生)までの小児を対象に、健やかで健全な成長・発育を念頭に日々の診療にあたっています。

<外来部門>

午前:一般外来(一部予約制)
午後:特殊専門外来(予約制)

  1. 未熟児フォローアップ外来
  2. 腎臓外来
  3. 心臓外来
  4. アレルギー外来
  5. 思春期外来
  6. その他の慢性外来
  7. 乳幼児健診、1ヶ月健診、予防接種

臨床心理士によるカウンセリングや、言語聴覚士による言語療法も行っています。
(言語療法は現在、縮小して行っております。小児科外来で御相談下さい。2011年4月現在)

<小児救急(時間外診療)>

救急担当医とともに、救急センターで対応します。(時間外は、小児科医1名で病棟・外来を担当しているため小児科医がすべてを対応することはできておりません。)

<入院部門>

未熟児センター30床(南4B NICU 9床、GCU 21床)(愛知県地域周産期センター指定)
産婦人科との緊密な連携の下、1000gにも満たない超低出生体重児や、病的新生児の出生・治療に対応しています。また,産院の分娩立会いや新生児搬送に24時間対応し,尾張西部地域の新生児救急医療の中核を担っています。

小児病棟 (南7B 48床:外科病床6床を含む)
急性疾患・慢性疾患の患児の入院治療にあたります。病室は個室(クリーンルーム対応あり)・二人部屋・四人部屋があり、ご家族の付き添いも事情により可能です。病棟内にプレイルームがあり、患児それぞれに合わせた治療・看護を目指しています。また、長期入院が必要な児(学童・生徒)に対しては、院内学級(一宮市立貴船小学校・一宮市立北部中学校)が併設され、治療を続けながら勉強することが可能であり、定期的な行事(七夕祭り、遠足、クリスマス会など)を行い、入院生活が少しでも楽しくなるように工夫しています。

PAGE TOP

小児科 外来診療医担当表

休診日:土・日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
受診受付時間 :午前8時~11時15分(全科)  ※ただし、急患の方は、随時受付いたします。

小児科
外来診療医担当表はこちら

PAGE TOP

スタッフ紹介

<td;

氏名 三宅 能成
職名 科部長

資格・専門領域等

資格:
日本小児科学会専門医
名古屋市立大学臨床教授
専門領域:
小児血液・小児感染症
氏名 佐橋 剛
職名 新生児部長、新生児集中治療センター長

資格・専門領域等

資格:
日本小児科学会専門医、日本周産期新生児学会暫定指導医
名古屋市立大学臨床教授
専門領域:
新生児、呼吸器疾患、小児一般
氏名 長屋 嘉顕
職名 医長

資格・専門領域等

資格:
日本小児科学会専門医
日本周産期新生児学会(新生児)専門医
氏名 岡村 淳
職名 副医長

資格・専門領域等

資格:
日本小児科学会専門医
氏名 中村 早希
職名 医員

資格・専門領域等

資格:
日本小児科学会専門医
氏名 渡邉 翔太
職名 医員
氏名 中村 泰久
職名 医員
氏名 森 なつみ
職名 医員
氏名 大嶌 聖可
職名 専攻医
氏名 河嵜 翔太
職名 専攻医
氏名 三好 真理
職名 専攻医
氏名 近藤 優人
職名 専攻医

 

氏名 野呂 優樹
職名 専攻医

 

氏名 成瀬 宏
職名 非常勤医師

資格・専門領域等

資格:
日本小児科学会専門医
日本感染症学会専門医
氏名 石川 達也
職名 非常勤医師

資格・専門領域等

資格:
日本小児科学会専門医、医学博士
日本神経学会神経内科専門医
小児神経専門医・指導医
てんかん専門医・指導医
氏名 上村 治
職名 非常勤医師

資格・専門領域等

資格:
日本日本小児科学会専門医
日本腎臓学会認定専門医
氏名 根岸 豊
職名 非常勤医師

資格・専門領域等

資格:
小児科学会専門医
氏名 桑原 尚志
職名 非常勤医師

資格・専門領域等

資格:
日本小児科学会専門医
日本小児科学会東海地方会幹事
日本小児循環器学会評議員
日本小児循環器学会暫定指導医
日本小児循環器専門医
氏名 青山 幸平
職名 非常勤医師

資格・専門領域等

資格:
小児科学会専門医
氏名 青山 舞
職名 非常勤医師

資格・専門領域等

専門領域:
小児一般
氏名 岩田 直之
職名 非常勤医師

資格・専門領域等

資格:
小児科学会専門医
氏名 関口 恵子
職名 非常勤 臨床心理士

資格・専門領域等

専門領域:
臨床カウンセリング
氏名 澤本 陽子
職名 非常勤 臨床心理士

PAGE TOP

こんな病気を取り扱います

  1. 新生児・未熟児
  2. 急性感染症
  3. 免疫性疾患
  4. アレルギー疾患
  5. リウマチ・膠原病疾患
  6. 呼吸器疾患
  7. 循環器疾患
  8. 血液・腫瘍性疾患
  9. 消化器疾患
  10. 腎尿路疾患
  11. 神経・筋疾患
  12. 代謝・内分泌疾患
  13. 精神疾患

PAGE TOP

こんなときに、ご相談ください

小児科はこどもの病気の治療はもちろんのこと、発育・発達に関わるすべてのことに対応する診療科です。

例えば、

  1. 育児の不安-「こんなときはどうしたらいいの?」「予防接種は?」など
  2. 発育の問題-「低身長」「肥満」「無月経」など
  3. 発達の問題-「言葉の遅れ」「行動異常」など
  4. 生活上の問題-「おねしょ」「不登校」「おちつきのなさ」など

こどもさんに関する不安や疑問に対してご相談にのっています。他科(小児外科、耳鼻科、口腔外科、眼科など)に さらに 相談することもあります。

検査(例)

急性疾患:血液検査、尿検査、レントゲン検査を行うことがあります。

循環器疾患:心電図、レントゲン、心エコーを行います。

治療
小児内科ですので 薬物治療が主です。外科的疾患(手術が必要な病気)は外科系診療科(小児外科、耳鼻科など)に依頼します。

PAGE TOP

代表的検査

成長ホルモン分泌刺激試験
食物負荷テスト(チャレンジテスト)
心エコー
逆行性膀胱造影など尿路検査

1泊2日の入院で、年間 20-30件
入院(日帰り)で、年間 50-60件
外来で、年間 600件程度
外来で、年間 10件程度

PAGE TOP

施設認定の状況

小児科研修施設、愛知県地域周産期母子医療センター

PAGE TOP

院内学級

PAGE TOP