平成27年度 一宮市立市民病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1,978 428 341 625 710 904 2,186 3,437 1,996 349
当院の入院患者さんの特徴は新生児や小児の患者さんが多く全体の15%を占めています。
また、高齢者に多い呼吸器疾患や循環器疾患、がんの患者さんの治療等を積極的に行って
いるため60歳以上の患者さんも多く全体の61%となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード


呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 218 14.87 14.34 5.05 72.93
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 145 14.24 13.38 0.69 70.03
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 72 25.83 20.63 6.94 73.69
肺炎が圧倒的に多くなっています。次いで肺がんの化学療法が多くそれぞれの平均在院日
数も全国平均と比べてもあまり差がありません。


循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 338 2.36 3.07 0.00 69.65
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 326 3.94 4.87 0.00 71.49
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 193 16.56 18.30 8.29 78.79
狭心症の主に心臓カテーテル検査による入院の患者さんが一番多く次いで狭心症の心臓
カテーテルによる手術による患者さんが多くなっています。平均在院日数は全国平均より短
くなっています。


消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 98 12.66 10.93 5.10 71.70
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 48 10.44 11.00 6.25 67.96
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 42 11.52 11.98 4.76 74.38
胆管や胆嚢結石の内視鏡を用いた手術の入院患者さんが多く、次いで胃や十二指腸の潰
瘍で内視鏡を用いた止血等の治療で入院する患者さんが多くなっています。また、肝がんの
治療である血管塞栓術も多く行っています。


血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130040xx99x50x 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 34 19.06 24.78 0.00 68.97
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり 32 34.72 43.59 0.00 50.47
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし 24 28.21 36.93 4.17 58.46
多発性骨髄腫、急性白血病、悪性リンパ腫といった血液のがんの入院患者さんが多く、
ともに化学療法が主な治療となります。平均在院日数も全国平均と比べ短くなっています。


腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 44 4.89 9.71 0.00 70.57
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 43 15.33 13.64 11.63 67.77
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 38 14.11 15.39 13.16 73.63
当院では慢性維持透析を行っていませんので、透析シャントの手術や他院で透析中の患者
さんが透析に関わる合併症等を発症した場合の入院治療が中心となります。


神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 114 13.67 15.80 21.05 75.88
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 56 16.50 18.08 30.36 68.36
010060x099020x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 36 22.39 19.78 58.33 76.97
脳梗塞のうち発症から3日以内の比較的意識レベルの高い入院患者さんが一番多く、同
様な疾患でエダラボンという脳保護剤の点滴を施行した患者さんが二番目に多くなっています。
また脳梗塞については急性期の治療が終了した後に地域の回復期リハビリテーション病院で
リハビリテーションをするケースが多く、転院率は高くなっています。


外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 62 5.98 7.84 1.61 62.24
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 55 9.35 9.17 5.45 70.55
060020xx01x0xx 胃の悪性腫瘍 胃全摘術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 48 16.48 20.63 2.08 70.17
腹腔鏡による胆嚢摘出術のために入院する患者さんが一番多く、次いで腸閉塞の手術のた
めに入院する患者さんや胃の悪性腫瘍で胃の手術のために入院する患者さんが多いです。
いずれも平均在院日数は全国平均に比べて短くなっています。


呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 60 12.10 13.03 0.00 70.08
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 11.24 9.68 0.00 28.05
040200xx01x01x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 副傷病あり 4 24.75 15.77 0.00 63.25
肺の悪性腫瘍の手術のために入院される患者さんが一番多く、次いで気胸の手術のために
入院する患者さんが多くなっています。いずれも平均在院日数は全国平均に比べて短くな
っています。


心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx0111xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等11,2あり 手術・処置等21あり 17 25.53 28.59 0.00 66.06
050161xx9900xx 解離性大動脈瘤 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 16 21.94 18.74 0.00 70.00
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 14 26.21 25.69 7.14 67.71
狭心症、慢性虚血性心疾患のために冠動脈のバイパス手術のために入院する患者さんが一
番多く、次いで解離性大動脈瘤の温存治療や心臓弁膜症の手術のために入院する患者さ
んが多くなっています。


整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 139 22.95 28.70 83.45 83.29
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 97 2.41 5.70 1.03 52.94
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 副傷病なし 37 3.38 5.41 0.00 32.59
大腿骨頸部骨折で入院する患者さんが一番多く、次いで前腕の骨折で入院する患者さん
が多くなっています。大腿骨頸部骨折については術後に地域の回復期リハビリテーション病
院でリハビリテーションをするケースが多く、転院率は高く83%となっています。


脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 8.63 7.03 3.70 57.74
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 15.81 11.91 3.85 77.46
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 11.57 10.02 0.00 77.04
てんかん発作での入院患者さんが一番多く、次いで急性硬膜下血腫の手術のために入院
する患者さんや頭部外傷で入院する患者さんが多くなっています。


小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし 360 5.12 5.72 0.56 2.97
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 198 5.81 6.31 2.02 3.63
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 166 4.28 5.50 0.00 3.61
肺炎、気管支炎で入院する患者さんが圧倒的に多いですが平均して5日程度で退院にな
っています。次いで喘息も多くやはり平均して5日程度で退院しています。平成27年度に
ついてはウィルス性腸炎の流行もあり当院でも多くの入院患者さんがありました。


皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 38 7.84 8.97 0.00 69.50
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 35 11.60 11.97 2.86 75.51
080140xxxxx2xx 炎症性角化症 手術・処置等22あり 24 2.00 3.08 0.00 65.83
帯状疱疹での入院患者さんが一番多く、続いて急性膿皮症、炎症性角化症での入院が
多くなっています。


泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 62 6.45 7.59 0.00 73.32
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1なし 副傷病なし 62 2.18 2.89 0.00 55.68
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 49 7.43 10.25 0.00 73.78
膀胱腫瘍の経尿道的手術で入院される患者さんが一番多く、次いで腎、尿管結石破砕術
の手術、前立腺肥大症の経尿道的手術で入院する患者さんが多くなっています。


産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 143 8.00 9.94 0.00 32.52
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 68 8.22 10.18 0.00 44.24
12002xxx99x30x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 47 3.00 22.61 0.00 58.45
産科では帝王切開手術のための入院患者さんが一番多く、婦人科では子宮筋腫の手術のた
めの入院患者さんや子宮がんの化学療法目的で入院される患者さんが多くなっています。


眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020370xx99xxxx 視神経の疾患 手術なし 1 14.00 11.74 0.00 48.00
眼科では今回のデータ公開の対象とならない白内障手術の患者がほとんどなので他の疾患
は1件しかありません。


耳鼻いんこう科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 123 6.07 8.20 0.00 11.58
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 50 5.22 5.53 0.00 40.96
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 43 7.72 7.76 0.00 51.49
小児の扁桃、アデノイド手術の入院患者さんが最も多く、次いで急性扁桃腺炎や副鼻腔炎と
いった炎症性の疾患での入院が多くなっています。


放射線治療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060010xx99x30x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 1 17.00 23.57 0.00 61.00
放射線治療科は他の科で入院中の患者さんの放射線治療や外来での放射線治療が主で
自科で入院患者を持つことはほとんどありません。


糖尿病・内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 50 12.88 15.35 2.00 62.40
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 副傷病なし 6 23.17 14.20 16.67 58.00
100202xxxxxxxx その他の副腎皮質機能低下症 6 16.67 12.48 0.00 64.50
2型糖尿病のインスリン自己注射などを目的とした教育入院が一番多く、次いで糖尿病性
の昏睡での緊急入院の患者さんが多くなっています。


乳腺・内分泌外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 9 7.78 10.37 0.00 72.89
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 9 4.56 6.79 0.00 63.44
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 4 9.75 11.63 0.00 67.75
乳がんの切除の入院のうち乳腺全摘出術が一番多く、次いで乳房部分切除でリンパ郭清を
伴わないものと伴うものが多くなっています。平成27年度は常勤の乳腺専門医が不在で
あったために症例は少なくなっています。


血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 34 9.41 13.19 0.00 77.74
050163xx97x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等2なし 34 4.68 8.56 0.00 73.06
050180xx97xx0x 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 副傷病なし 29 4.48 3.46 0.00 67.76
大動脈瘤の手術のうちステントグラフト内挿による患者さんが一番多く、次いでステント
グラフと以外の血管塞栓術や静脈瘤の手術の入院患者さんが多くなっています。

※当院の標榜科のうち、内科、リハビリテーション科、放射線診断科、病理診断科、救急
科、麻酔科については入院実績がありません。また、歯科口腔外科についてはDPCの
対象となりませんので掲載していません。


初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 41 16 16 54 51 45 1 6,7
大腸癌 16 32 31 36 22 30 1 6,7
乳癌 8 7 2 1 2 6 1 6,7
肺癌 29 20 59 121 90 104 1 6,7
肝癌 7 19 18 6 4 63 1 6,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
消化器内科及び外科で胃がん、大腸がん、肝がんの治療を行っており、呼吸器内科、
呼吸器外科で肺がんの治療を行っています。件数としては肺がんが最も多く、胃がん、
大腸がん、肝がんの順になっています。乳がんについては平成27年度は常勤の乳腺
専門医が不在であったため数が少なくなっています。胃がん、肺がんについてはステ
ージⅠも多いですがステージⅣや再発も多い傾向にあります。


成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 47 10.53 54.38
重症度 1 93 18.17 73.69
重症度 2 73 17.88 77.95
重症度 3 37 17.11 81.76
重症度 4 5 14.60 77.40
重症度 5 1 6.00 72.00
不明 0 0.00 0.00
肺炎の重症度では1、2の患者が最も多く重症度4、5になると極端に少なくなります。
重症度0に関しては平均年齢も低くなっています。


脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 1 2.00 55.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 -
I63$ 脳梗塞 3日以内 290 22.24 75.60 35.29
その他 16 25.38 79.00 2.94
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 1 50.00 76.00 7.69
その他 12 10.08 71.33 7.69
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 1 3.00 19.00 0.00
I679 脳血管疾患,詳細不明 -
平成27年度に脳梗塞の患者さんについて91%が発症後3日以内の入院であり救急
搬送されています。急性期治療が終了した後に3割の患者さんが回復期リハビリテーション
病院に転院しています。


診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード

呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K300 鼓膜切開術 3 13.33 16.33 33.33 71.67
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) 3 13.67 16.67 33.33 70.00
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 3 17.67 40.33 66.67 81.00
呼吸器内科では自科で手術をすることはほとんどなく入院中に他科に依頼した鼓膜切開、
血管塞栓術、胃ろう造設術が実績としてあがっています。


循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 244 0.91 2.99 0.00 72.20
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 82 1.13 2.51 0.00 63.70
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 79 0.00 14.06 2.53 67.70
循環器内科では狭心症に対する心臓カテーテルによる冠動脈ステント留置術、心筋焼灼術、
心筋梗塞に対する冠動脈ステント留置術が多く、心臓カテーテルによる手術だけで405
件と多くの治療を行っています。


消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 119 2.08 15.52 10.92 75.46
K654 内視鏡的消化管止血術 63 0.33 11.16 4.76 69.27
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 41 2.56 7.93 0.00 73.37
消化器内科では胆道疾患に対する内視鏡的胆道ステント留置術を最も多く施行しています。
上部消化管出血に対して内視鏡的消化管止血術が次いで多く、肝がんに対する血管塞栓術
も41件施行しています。


血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) 8 4.25 22.63 12.50 71.75
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) 3 13.00 3.00 0.00 56.33
血液内科では血液のがんの治療が主で治療に伴うリンパ節摘出術や造血幹細胞採取が手術
の実績としてあがっています。


腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 71 5.39 10.51 7.04 69.30
K6146 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 8 18.00 37.25 25.00 79.38
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 2 1.00 26.50 0.00 63.00
腎臓内科では、内シャント設置術が最も多く、シャントのトラブルによる血管移植術や腹膜
還流用カテーテルの留置といった透析に関する手術を行っています。


神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 16 28.94 25.69 43.75 70.63
K654 内視鏡的消化管止血術 3 7.00 19.33 66.67 73.33
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 2 47.00 9.50 0.00 84.00
神経内科では脳梗塞後の嚥下障害の患者さんに対する胃ろう造設術が最も多く、治療中に
発症した消化管出血の止血術や中心静脈注射を行うための植込型カテーテルの設置術を施
行しています。


外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 87 0.37 1.11 0.00 62.22
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 78 2.59 3.96 1.28 62.71
K6335 鼠径ヘルニア手術 56 0.79 1.36 1.79 70.41
外科では腹腔鏡による鼠径ヘルニア手術が最も多く、次いで腹腔鏡による胆嚢摘出術が多
くなっています。なお、腹腔鏡による鼠径ヘルニア手術のための入院については診療科別患者
数では実績から除外しています。


呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 42 1.95 10.93 0.00 70.74
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 23 7.39 4.91 0.00 33.52
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 11 2.36 4.18 0.00 69.55
呼吸器外科では肺の悪性腫瘍手術のうち肺葉切除又は1肺葉を超えるものが最も多く、
次いで胸腔鏡を用いた肺切除や悪性腫瘍手術が多くなっています。


心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 27 4.48 24.52 3.70 65.85
K5551 弁置換術(1弁) 17 5.59 26.12 11.76 72.12
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) 16 1.00 5.63 0.00 77.19
心臓血管外科では冠動脈、大動脈バイパス移植術が最も多く、次いで弁置換術、血管
塞栓術が多く施行されています。


整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(上腕) 135 1.39 16.76 67.41 78.90
K0462 骨折観血的手術(下腿) 100 1.26 6.02 19.00 59.74
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) 51 0.45 1.86 0.00 51.16
整形外科では上腕の骨折観血的手術が最も多く、次いで下腿の骨折観血的手術、骨内
異物(挿入物)除去術が多くなっています。


脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 48 1.31 13.63 6.25 78.79
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 21 4.05 40.76 9.52 55.62
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 20 0.80 35.40 40.00 66.35
脳神経外科では慢性硬膜下血腫洗浄・除去術が最も多く、次いで頭蓋内腫瘍摘出術、
脳動脈瘤頸部クリッピングが多くなっています


小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 24 0.00 32.58 8.33 0.00
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) 14 0.00 49.36 0.00 0.00
K386 気管切開術 3 11.67 54.33 0.00 9.67
小児科は外科的な手術を施行する診療科ではありませんが新生児仮死蘇生術及び気管
切開術が手術の実績としてあがっています。


皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 36 0.06 7.22 0.00 74.53
K013-21 全層植皮術(25cm2未満) 3 0.00 8.67 0.00 79.33
K0021 デブリードマン(100cm2未満) 1 0.00 11.00 0.00 68.00
皮膚科では皮膚悪性腫瘍切除術が最も多く、次いで全層植皮術、デブリートマンが多くなっ
ています。


泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 63 0.83 1.19 0.00 55.83
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 62 0.85 5.44 0.00 73.13
K8411 経尿道的前立腺手術 電解質溶液利用のもの 50 1.30 6.44 2.00 74.12
泌尿器科では体外衝撃波腎・尿管結石破砕術が最も多く、次いで膀胱悪性腫瘍の経尿道
的手術、前立腺肥大症の経尿道的手術が多くなっています。


産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 125 2.85 5.49 0.00 32.51
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 82 2.17 5.89 0.00 32.57
K877 子宮全摘術 62 1.34 5.74 0.00 46.79
産科では帝王切開術のうち選択帝王切開術が最も多く、次いで緊急帝王切開術が多くなっ
ています。婦人科では子宮全摘術が多くなっています。


眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 176 0.04 1.89 0.00 73.70
眼科では入院での手術は白内障の水晶体再建術(眼内レンズ挿入)のみ実施しています。


耳鼻いんこう科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 101 0.99 4.24 0.00 13.23
K319 鼓室形成手術 46 1.13 7.41 0.00 40.74
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 36 0.47 0.81 0.00 4.14
耳鼻いんこう科では口蓋扁桃手術(摘出)が最も多く、次いで鼓膜形成術、鼓膜(排液、換
気)チューブ挿入術が多くなっています。


糖尿病・内分泌内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2762 網膜光凝固術(その他特殊) 1 16.00 15.00 0.00 65.00
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 1 0.00 47.00 0.00 81.00
糖尿病・内分泌内科では糖尿病の入院中に合併症の眼科手術を実施するケースがあり、
網膜光凝固術や水晶再建術が実績としてあがっています。


乳腺・内分泌外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 9 1.22 2.33 0.00 63.44
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 9 2.44 4.33 0.00 72.89
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 4 2.25 6.50 0.00 67.75
乳腺・内分泌外科では乳腺悪性腫瘍手術のうち乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)
及び乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)が同数で、次いで乳房切除術(胸筋切除を併
施しない)を実施しています。平成27年度は常勤の乳腺専門医が不在であったために症例
は少なくなっています。


血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5612 ステントグラフト内挿術 腹部大動脈 34 0.94 9.82 2.94 78.50
K617-2 大伏在静脈抜去術 28 1.11 2.46 0.00 67.46
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 22 3.32 9.27 4.55 45.59
血管外科では腹部大動脈のステントグラフト内挿術が最も多く、次いで大伏在静脈抜去術、
四肢の血管拡張術・血栓除去術が多くなっています。


※当院の標榜科のうち、内科、リハビリテーション科、放射線診断科、放射線治療科、
病理診断科、救急科、麻酔科については入院手術実績がありません。また、歯科口腔
外科についてはDPCの対象となりませんので掲載していません。


その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 2 0.02
異なる 15 0.12
180010 敗血症 同一 55 0.42
異なる 26 0.20
180035 その他の真菌感染症 同一 9 0.07
異なる 11 0.08
180040 手術・処置等の合併症 同一 29 0.22
異なる 10 0.08
厚生労働省の平成26年度のDPC対象病院の平均では播腫性血管内凝固症候群
(0.17%)、敗血症(0.56%)、その他の真菌症(0.04%)、
手術・処置等の合併症(0.70%)なのでその他の真菌症を除く3項目については
全国の平均を下回っています。その他の真菌症については抗がん剤等の治療を行う場合
に合併症として発症するケースも多くありますが、少しでも改善できように努めます。

更新履歴
平成28年9月15日更新
平成28年10月1日