日本医療機能評価機構認定病院


一宮市立市民病院は、平成16年12月20日に、財団法人 日本医療機能評価機構による病院機能評価の認定を受けました。(平成27年7月1日更新)

PAGE TOP

病院機能評価とは

医療機関が提供するさまざまな医療サービスが、患者の望んでいる内容と質で提供されているか、医療機関での日々の診療活動のなかで発生する問題点をきちんと改善できているか、また改善の努力を怠っていないか...
こうした病院の現状と問題点を明確にするため、第三者である財団法人日本医療機能評価機構が評価を行い、改善が認められる病院に対して認定証を発行するものです。

PAGE TOP

機能評価では

1:病院組織の運営と地域における役割
病院の基本方針と中・長期計画や病院全体の管理体制、情報管理機構の整備、地域の保健・医療・福祉施設との連携について

2:患者の権利と安全の確保
患者の権利の尊重や患者に十分な説明をし同意を得る体制の確立、患者の安全確保の体制について

3:療養環境と患者サービス
来院者への接遇と案内、患者・家族の医療相談の体制やプライバシー確保への配慮、療養環境の整備等について

4:診療の質の確保
診療の質を確保するための基本的な活動や診療を支える各部門の機能、また、患者の診療経過を視点において、適切な診療活動が展開されているか等

5:看護の適切な提供
看護提供における理念と組織的基盤の整備、看護職員の能力開発、また、患者の看護経過を視点において、適切な看護活動が展開されているか等

6:病院経営管理の合理性
人事管理、財務・経営管理、施設設備管理等の合理性と適切性や訴訟等への適切な対応等について
以上、6領域にわたって書類審査及び訪問審査を受け、認定をされました。

 

一宮市立市民病院では、今後とも「地域の皆さんに愛され、信頼され、期待に応えられる病院」を目指すという基本理念の下、職員一同、患者さん中心の視点に立ち、さらなる医療の安全確保と質の向上を図りながら、地域医療に貢献すべく努力していきたいと考えています。