概要・沿革

概要

所在地 愛知県一宮市文京2丁目2番22号
敷地面積 17,584平方メートル
建築面積 10,435.93平方メートル
許可病床数 584床 (一般560床、結核18床、感染症6床)
承認事項 一般病棟入院基本料:7対1入院基本料、入院時食事療法(I)、
重症者収容病床(34床)、NICU(9床)、
救急ICU(6床)、HCU(16床)、ICU(8床)
機関指定
  • 保険医療機関
  • 労災保険指定病院
  • 生活保護法指定病院
  • 結核予防法指定病院
  • 原子爆弾被爆者援護法指定病院
  • 救急指定病院
  • 身体障害者福祉法指定医
  • 障害者総合支援法に基づく自立支援医療機関
  • 生活保護法等による指定医療機関
  • 児童福祉法育成医療指定医
  • 母子保健法養育医療指定病院
  • 母体保護法指定医
  • 指定疾患治療研究受諾病院
  • 臨床試験・市販後調査受託病院
  • 難病医療協力病院
  • 難病の患者に対する法の規定による指定医療機関
  • 特定小児慢性特定疾病医療機関
  • 臓器移植提供病院
  • 肝疾患専門医療機関
  • 受動喫煙防止対策実施施設
  • 地域周産期母子医療センター
  • 基幹型臨床研修病院
  • 単独型臨床研修施設(歯科)
  • 助産師・看護師実習病院
  • 地域がん診療連携拠点病院
  • 災害拠点病院(地域中核災害医療センター)
  • 救命救急センター
  • 第二種感染症指定医療機関
  • DMAT指定医療機関
  • 日本医療機能評価機構認定病院(Ver.1-0)
  • 地域医療支援病院

利用状況

区分 23年度 24年度 25年度 26年度 27年度
病床数(床) 584 584 584 584 584
外来患者数(延、人) 410,134 398,125 393,917 379,006 364,159
入院患者数(延、人) 198,458 195,118 193,050 184,645 181,932

 

PAGE TOP

沿革

昭和11.5 一宮市診療所(一宮市西之町23番地)開設
昭和14.5 一宮市立市民病院に名称変更
昭和20.7 戦火にて全焼、市施設にて臨時診療
昭和24.5 現在地に移転建設
昭和30.4 市立産院が市民病院へ移管
昭和48.4 本館完成
昭和63.6 東館完成(従来「新館」と呼んでいましたが、「東館」に呼称変更しました)
平成16.6 南館完成
平成21.10 新南館完成(東館を「北館」に呼称変更しました)
平成22.5 救命救急センター稼働
平成22.10 愛知県立循環器呼吸器病センターと統合

PAGE TOP