GREETING

看護局長からのメッセージ

一緒に「心のかよう看護」、めざしませんか。

当院は、尾張西部医療圏50万人に救急医療をはじめとする急性期医療を提供しています。

また、地域完結型医療をめざす地域医療支援病院としての役割も担っています。地域住民の方々の心にいちばん近い病院、「市民病院があるから安心」と言っていただける病院でありたいと考えています。そのために看護局では、「人を大切にする組織」「自律した専門職を育てる組織」づくりを進めています。自分自身や一緒に働く仲間を大切にできなければ患者さんを大切にすることはできません。そして、自分たちが笑顔でなければ患者さんを笑顔にすることはできません。患者さんやご家族に寄り添った「心のかよう看護」をめざし、看護職として働きやすく、専門職としてのキャリアアップや人として成長していくことができる仕組みや制度作りに力を入れ、「笑顔」と「ありがとう」に満ちた環境づくりに努めています。

職員は病院にとっていちばんの財産であり、看護職は患者さんにとっていちばん身近な存在。その大切な存在である看護職が「患者さんにとっての最善の看護」を提供し、ひいては地域社会に貢献できるよう支援していきたいと考えています。

一緒に「心のかよう看護」をめざし、「満足」を超えた「感動」を患者さんと共に感じませんか。

看護局長

岩花 あけみ

Akemi Iwahana