地域医療連携

日常的な病気は、かかりつけ医へ
精密検査が必要になった場合は、かかりつけ医から紹介状をもらって、当院にお越しください。
かかりつけ医から紹介状を持ってくると、当院でスムーズに受診することができます。

 

地域医療連携メニュー

 

室長あいさつ


地域医療連携室 室長 永田二郎

日頃より市民病院との医療連携にご協力いただき、まことにありがとうございます。平成27年5月に地域医療連携室長を拝命いたし、はや2年目を迎えることとなりました。
地域の先生方からいただきました様々なご意見をもとに、連携室の体制の強化・改革を行ってきております。平成28年度の紹介率は60.8%(前年は67.8%)、逆紹介率96.6%(前年は85.6%)で地域医療支援病院としての要件を達成することができましたが、紹介率についてはさらに高い水準を目指す必要があると考えております。
ご紹介いただきました患者さんの初診後のすみやかな返信はとくに重要と考えており、連携室でのチェック体制を強化しておりますが、もし返信のない場合には、おそれいりますが連携室にご一報いただきたく存じます。電話連絡の簡略化のために、連携室直通の電話回線(0586-71-1933 平日8:30~19:00および土曜日8:30~12:30)を引いたことにより、スムースな連携ができるようになったのではないかと考えております。平成27年9月からは、土曜日の午前中にも予約・検査がお取りいただけるよう連携室の稼働を開始し、毎週20件近い予約をいただいております。さらに平成28年2月から電話のみでも予約が取れるよう運用を追加いたし、全体の約4割が電話のみでの予約となってまいりましたが、ぜひご利用ください。また休日・時間外に患者さんをご紹介いただく際の直通電話(0586-71-1977 休日および平日時間外)も稼働しており、救急外来の看護師または医師が対応させていただいておりますので、こちらもご利用ください。さらに循環器疾患が疑われる際の循環器センターコール(070-1545-3586)は24時間対応いたしております。
また当院では全28診療科に加えて、平日時間内の内科系振り分け困難症例の外来を設けており、予約枠確保も含めて地域医療連携室での対応を行っておりますので、ぜひともご利用いただければと存じます。
現在、我が国の少子高齢化はさらに進んできており、とりわけ愛知県においては全国を上回るスピードであるとされ、65歳以上が4人に一人の時代を迎えようとしています。高齢者対策は、もはや喫緊の課題であり、機能別の病院のすみ分けはもとより在宅医療の重要性がクローズアップされてきております。今後この地域の医療を維持してゆくためには、病診連携は言うに及ばず、地域全体を包括した形でのチーム医療体制の構築が求められております。当院は地域の基幹病院としての責務を果たすべくいっそう努力してまいりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

平成29年1月

PAGE TOP

リンク