職員の新型コロナウイルス感染について

市民病院勤務職員1名に新型コロナウイルス感染症への感染が確認されましたので、報告します。

1 対象職員の概要
 ・市内在住、30代、男性
 ・市民病院 リハビリテーション室に勤務する医療技師 

2 経過 
 11月26日(木) リハビリテーション室にて日勤勤務。症状なし。
 11月27日(金) リハビリテーション室にて日勤勤務。症状なし。
 11月28日(土) 非勤務日。夕方から悪寒、発熱の症状出現。
 11月29日(日) 非勤務日。発熱症状。
 11月30日(月) 発熱症状は消失したため午前勤務。勤務終了後、発熱が再出現したため、近医を受診、抗原検査実施。抗原検査「陽性」。
 12月  1日(火) PCR検査実施の結果、「陽性」判明。現在、自宅療養中。

3 今後の対応
(1) 施設の閉鎖状況等
当該職員は、手指消毒を実施し、常にマスクを着用しておりましたので、当該職員と接触した患者さんおよび職員について、濃厚接触者に該当する方はいないと保健所から報告を受けております。感染経路の判明に至っておりませんが、院内で感染した可能性は低いと考えています。
ただし、安全を期すため、接触があった、入院中の患者さん並びに職員計27名にPCR検査を実施したところ、本日全員の陰性の検査結果が出ています。
この結果を受け、院内での感染は発生していないと思われます。所管保健所の指導・助言を踏まえ、外来・入院とも通常診療をこれまでどおり行います。
(2) 消毒の実施状況等
当該職員が勤務するリハビリテーション室については、12月1日(火曜日)に消毒を行いました。