ケーブルテレビICCにて【大動脈弁狭窄症の新しい治療法「TAVI(タビ)」】が放送されます(12月14日~20日)

市民病院の診療内容を紹介する「市民病院ニュース」として、
【大動脈弁狭窄症の新しい治療法「TAVI(タビ)」】が放送されます。
放送スケジュールなどは下記のとおりです。是非、ご覧ください。

・ケーブルテレビICC  地デジ12ch
・放送番組 「I LOVE いちのみや」
  【市民病院ニュース~大動脈弁狭窄症の新しい治療法「TAVI」(タビ)】
   出演/一宮市立市民病院 循環器内科 医長 杉浦 剛志医師
・放送日時
  12月14日(月曜日)~20日(日曜日)
  7:45/9:45/12:45/16:45/19:45/22:45の1日6回

*心臓弁膜症疾患のなかの大動脈弁狭窄症に対する治療法の一つであり、開きが悪くなり血液の流れを妨げる大動脈弁に対し、開胸することなくカテーテルを用い、人工弁を患者さんの心臓に留置する治療法です。
  この治療法は、開胸することなく、また心臓を止めずに行えるため体への負担が少なく、高齢の方や他の疾患のリスクを持つなど、外科的手術が難しい患者さんに可能となります。