放射線診断科

放射線診断科とは

現在の医療は画像検査なくして成り立たないと言っても過言ではない程その重要性は増しており、様々な医療診断機器の進歩も相まって、質の高い医療を提供するには正確な画像診断が第一歩です。その画像診断を専門にするのが放射線診断科です。通常は直接患者さんに会う機会はありませんが、画像を通じて各診療科の医師を支えることで陰ながら患者さんのために働いています。また、放射線診断科の仕事は医療の質や安全など病院機能の根幹にも深く関わっており、病院の中で非常に重要な役割を担っています。
CTやMRI、RI検査はもちろんのこと、それら画像知識をもとに体にやさしい低侵襲な治療(Interventional Radiology : IVR)も行っており、患者さんの選択肢を広げる意味でも「患者に優しい」治療の普及に努めています。
当院放射線診断科は5名の医師(うち放射線診断専門医3名)で画像診断を行っています。
診療放射線技師や看護師とも日々コミュニケーションを密にすることで、画像検査の最適化に努めています。
また、各診療科とのカンファレンスやキャンサーボードを通じてコミュニケーションを充実させ、気軽に相談できる関係を築くことで診療水準の向上を目指しています。

PAGE TOP

こんな病気を取り扱います

身体のあらゆる領域の病気について、小児から高齢者まで幅広く画像診断を行っています。
画像下治療(Interventional Radiology;IVR)も幅広く行っています。

PAGE TOP

外来担当表

休診日:土・日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
受診受付時間 :午前8時~11時15分(全科)※ただし、急患の方は、随時受付いたします。

放射線診断科
外来診療医担当表はこちら

PAGE TOP

スタッフ紹介

氏名 永井 圭一
職名 部長

資格・専門領域等

資格:
日本医学放射線学会 放射線診断専門医、
日本IVR学会 IVR専門医

専門領域:
画像診断、IVR

 

氏名 遠山 淳子
職名 常勤医師

資格・専門領域等

資格:
日本医学放射線学会 放射線診断専門医、
研修指導医
日本核医学会 核医学専門医、
PET核医学認定医
専門領域:
画像診断、核医学

 

氏名 後藤 多恵子
職名 副医長

資格・専門領域等

資格:
日本医学放射線学会 放射線診断専門医
検診マンモグラフィ読影認定医
専門領域:
画像診断、IVR

 

 
氏名 堀田 直秀
職名 医員

資格・専門領域等

資格:
日本専門医機構認定 放射線科専門医
専門領域:
画像診断、IVR

 

 
氏名 深谷 有
職名 医員

資格・専門領域等

資格:
専門領域:
画像診断、IVR

PAGE TOP

検査・治療について

詳細については放射線技術室のページもご覧ください。

<CT検査>

腹部CT
CTアンギオグラフィー

CTとはComputed Tomographyの略で、X線管球が身体の周りを回転し、360度方向から情報を収集し、その情報をコンピュータで解析して、身体のあらゆる部位の輪切りの画像を作成する検査です。当院では最新の160mmカバレージの面検出器CTが1台、64列マルチスライスCTが2台、16列マルチスライCTが1台稼動しています。2015年11月に導入された面検出器CTの稼働によって、短い息止め時間で精密かつ広範囲の画像を撮影することが可能となっています。造影剤とよばれる薬剤を静脈から投与して撮影を行うことで、血管や、対象とする病変の血流を評価することが可能となります。造影剤は腎臓の機能が悪い場合や、一部の糖尿病治療薬を内服中の方は使用できないことがあるので、事前に主治医の先生との相談が必要となります。

<MRI検査>


MRIとはMagnetic Resonance Imagingの略で、磁石と電磁波の力によって、人体のあらゆる部分の断面像を得ることができる検査です。CT検査で主に病気の形の評価を行う検査とすると、MRIでは病気の性状やCTでみえないような病気の広がりを検査することができます。CTと同様に造影剤を使用することで、対象となる病変の血流の評価が可能となります。なお、体内に埋め込まれた装置や治療に使用された金属によって、MRI検査を受けられないことがありますので、事前の確認が必要となります。

<RI検査>

RIとはRadioisotpe:放射性同位元素の略で、ごく微量の放射線を出す少量の放射性医薬品を体内に投与し、その分布を特殊な装置(ガンマカメラ)で画像化したり数値化する検査です。全身を一度に撮像したり、多断面で撮像することも可能です。

 

 

<画像下治療(Interventional Radiology:IVR)>

針穴程度のわずかな傷口で体に負担をかけず治療や検査を行います。
血管内にカテーテルとよばれる管を入れて治療を行う血管系IVR(vascular IVR)と、画像下(CTや超音波など)に生検などを行う非血管系IVR(non-vascular IVR)に分かれます。

PAGE TOP

手術や診療の実績

2021年1月~12月の総数

画像診断
CT検査   33,609件
MRI検査  9,009件
RI検査    1,398件
うち画像診断報告書が作成された件数 30,096件

IVR   194件(ステントグラフトやCV・PICC含まず)

PAGE TOP

代表的な検査や治療の紹介

IVR

  • • 血管系IVR
       外傷性出血に対する止血塞栓術
       産科領域出血に対する塞栓術
       多血性腫瘍に対する塞栓術
       喀血に対する気管支動脈塞栓術
       消化管出血に対する塞栓術
       肺や骨盤など動静脈奇形静脈に対する塞栓術
       胃静脈瘤BRTO
       門脈体循環シャント塞栓術
       経頚静脈肝生検
       原発性アルドステロン症に対する副腎静脈サンプリング術
  •    頭頚部腫瘍に対する放射線治療+動注化学療法
       
  • • 非血管系IVR
       肺腫瘍や骨軟部腫瘍などに対するCT/USガイド下生検術
       膿瘍に対するCT/USガイド下ドレナージ術
  •  
  •  
    • PAGE TOP

施設認定の状況

日本医学放射線学会専門医修練教育機関
日本IVR学会専門医修練施設

PAGE TOP