血管外科

血管外科とは

動脈、静脈、リンパ系の疾患を対象にしています。
胸部、腹部大動脈瘤、腹部内臓動脈瘤の手術的治療およびステントグラフトによる治療、閉塞性動脈硬化症に対しては血管拡張術(PTA+ステント)とバイパス手術などを行っています。頚動脈病変には、血栓内膜切除術(CEA)を、また腎動脈狭窄には血管拡張術を行っています。
下肢静脈瘤やリンパ浮腫には、保存的治療から手術的な治療まで、病態に応じて適切な治療を行っています。

PAGE TOP

血管外科 外来診療医担当表

休診日:土・日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
受診受付時間 :午前8時~11時15分(全科)  ※ただし、急患の方は、随時受付いたします。

血管外科
外来診療医担当表はこちら

PAGE TOP

スタッフ紹介

氏名 松下 昌裕
職名 部長

資格・専門領域等

資格:
日本外科学会専門医、指導医、
心臓血管外科専門医、修練指導医、
消化器外科認定医、
日本脈管学会専門医、
日本血管学会血管内治療認定医
腹部ステントグラフト実施医
下肢静脈瘤血管内レーザー焼灼術実施医
専門領域:
血管外科
氏名 森前 博文
職名 医長

資格・専門領域等

資格:
日本外科学会専門医
心臓血管外科専門医
日本脈管学会専門医
日本血管外科学会血管内治療認定医
胸部ステントグラフト指導医
腹部ステントグラフト指導医
下肢静脈瘤血管内レーザー焼灼術実施医
氏名 小山 明男
職名 医長

資格・専門領域等

資格:
日本外科学会専門医
日本脈管学会専門医
心臓血管外科専門医
胸部ステントグラフト指導医
腹部ステントグラフト指導医

 

PAGE TOP

こんな病気を取り扱います

腹部・四肢・頸部の血管疾患(リンパを含む)

PAGE TOP

手術件数

2017年から2019年までの3年間の手術件数は753例です。主なものでは、腹部大動脈瘤手術が211例(そのうち破裂性腹部大動脈瘤22例)でした。以前から行っている開腹手術による人口血管置換術が59例(そのうち破裂性腹部大動脈瘤6例)、ステントグラフト内挿術が152例(そのうち破裂性腹部大動脈瘤16例)でした。75歳未満で合併症が少なく元気な方に人工血管置換術、75歳以上か重篤な合併症のある方はステントグラフト内挿術という方針にしておりますが、およそ1/3の方が人工血管置換術、およそ2/3の方がステントグラフト内挿術という傾向になっています。破裂例の死亡率は高いので、破裂する前に治療することが重要です。また、心臓外科と合同で、腹部大動脈瘤に対してもステントグラフト内挿術37例(そのうち破裂3例)にステントグラフト内挿術を行いました。
閉塞性動脈硬化症に対するバイパス手術は32例(そのうち下腿へのバイパスは15例)、経皮的血管拡張術やステント挿入術は172例です。閉塞性動脈硬化症の手術は年々増加しています。
人工透析のためのシャント手術93例も行いました。シャント手術は病院内の対応でいっぱいであり、他の施設の症例には対応できない状態です。
下肢静脈瘤に対する手術は110例行いました。ストリッピング手術91例、レーザー焼灼術19例ですが、主に重症例の治療を行っている傾向です。

PAGE TOP

専門医制度と連携したデータベース事業について

専門医制度と連携したデータベース事業について【PDF】

PAGE TOP