平成28年度 一宮市立市民病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 2156 442 307 508 748 790 2168 3342 2017 342
当院は尾張西部医療圏の中核病院として、幅広い年齢層の患者さんの診療をおこなっています。入院患者さんの特徴としては、新生児や小児の患者さんが多く、10歳未満の患者さんが全体の約17%を占めており、昨年度と比較しても人数、割合ともに増加している傾向があります。また、60歳以上の高齢者の患者さんの割合は全体の約61%を占めており、高齢者に多い呼吸器疾患や循環器疾患、がんの患者さんの治療等を積極的におこなっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 84 14.33 12.35 1.19 71.80
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 82 30.39 19.92 14.63 74.85
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 59 21.07 14.83 20.34 74.53
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア2 41 15.80 15.29 4.88 82.17
040130xx99x0xx 呼吸不全(その他) 手術なし 手術・処置等2なし 40 16.85 11.46 5.00 80.13
肺癌、肺炎が多くなっています。肺癌の治療では化学療法を積極的におこなっています。

<呼吸器内科の特徴>
呼吸器内科では、すべての呼吸器疾患に対応させていただいています。当科は肺腫瘍やびまん性肺疾患などの確定診断のための気管支鏡検査を週3回行っており、超音波気管支鏡も導入し検体採取が困難であった縦隔病変に対しても、超音波ガイド下吸引針生検(EBUS-TBNA)を行い、安全かつ迅速に診断することが可能となりました。また、末梢型肺癌が疑われるケースではエコープローブにて病変を確認したうえで経気管支鏡下肺生検(TBLB)を行っており、従来よりも肺癌の診断率が向上しています。原因不明の胸水や胸膜疾患の確定診断のために局所麻酔下胸腔鏡下胸膜生検も積極的に行っています。一方、気管支鏡検査での診断が困難な患者さんや異常陰影が肺の表面にあるような病変については、放射線診断科医に依頼してCTガイド下肺生検による診断も行っています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 116 11.16 11.06 4.31 74.62
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 57 10.33 9.82 0.00 69.93
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 39 13.82 11.74 2.56 73.21
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 37 12.27 10.93 0.00 70.24
060340xx99x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 36 10.64 9.93 2.78 74.47
胆管や胆嚢結石の内視鏡を用いた手術の入院患者さんが多く、平均在院日数もほぼ全国平均と差がありません。

<消化器内科の特徴>
消化器内科では、食道・胃・十二指腸の上部消化管疾患ならびに大腸・小腸疾患の診断及び治療、肝疾患の診断及び治療、膵胆道系疾患の診断及び治療等、消化器の臓器に関する殆ど全てにわたり、診療を行っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 375 2.23 3.06 0.00 69.73
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 269 3.59 4.71 0.74 70.45
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 167 18.23 17.95 8.38 79.63
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 111 4.30 5.51 0.00 59.87
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 75 12.36 13.02 0.00 70.60
狭心症に対する心臓カテーテル検査や心臓カテーテルによる手術の入院患者さんが多く、いずれの平均在院日数も全国平均より短くなっています。

<循環器内科の特徴>
循環器内科では、狭心症、心筋梗塞(急性期、慢性期を問わず)などの虚血性心疾患、弁膜症、成人の先天性心疾患、心筋疾患、心膜疾患、心不全、高血圧性心疾患、不整脈など心疾患のすべてを対象とします。特に虚血性心疾患では、その原因である高脂血症や糖尿病などの治療もしております。また、心房細動が原因となる心原性脳塞栓症の予防の為の治療も行っております。その他にも、大動脈解離、大動脈瘤などの大動脈疾患、閉塞性動脈硬化症、腎血管性高血圧等の末梢動脈疾患、肺塞栓、下肢深部静脈血栓症等、心血管系の疾患すべてを診療対象にしています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 211 5.40 5.79 0.47 4.42
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 202 4.25 5.50 0.00 3.54
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 190 5.79 6.02 0.00 2.15
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 140 6.09 6.42 0.00 4.41
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 128 4.94 6.09 0.00 1.99
肺炎、気管支炎やウイルス性腸炎で入院する患者さんが圧倒的に多いですが、入院期間は平均して5日前後で退院しています。また、いずれの平均在院日数も全国平均より短くなっています。

<小児科の特徴>
小児科では、①新生児・未熟児疾患、②急性感染性疾患、③免疫性疾患、④アレルギー疾患、⑤リウマチ・膠原病、⑥呼吸器疾患、⑦循環器疾患・川崎病、⑧血液・腫瘍性疾患、⑨腎尿路疾患、⑩神経・筋疾患、⑪代謝・内分泌疾患、⑫児童発達・精神疾患などの診療を行っています。(ただし、専門性の高い疾患については他機関に紹介させていただくこともあります。)また、小児外科系疾患についても、適宜当院該当科あるいは他機関への橋渡しをいたします。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 46 6.91 9.08 2.17 68.61
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 44 5.57 6.82 0.00 58.34
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 43 5.79 7.61 0.00 63.16
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 32 18.78 17.65 0.00 71.19
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 31 14.29 15.92 0.00 74.10
腸閉塞の保存的治療や手術となった患者さんや、腹腔鏡による胆嚢摘出術のため入院する患者さんが多いですが、平均在院日数は全国平均より短くなっています。

<外科の特徴>
外科では、心血管および呼吸器系を除く外科疾患全般にわたって診療を行っています。特にがん治療については、地域がん診療拠点病院として、胃がん、大腸がんなどの消化管のがんはもとより、専門的な経験を必要とする肝胆膵領域のがんや乳がんにいたるまで、幅広く力を入れています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 170 21.68 27.63 84.12 81.46
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 95 2.52 5.49 1.05 49.42
160850xx97xx0x 足関節・足部の骨折、脱臼 その他の手術あり 副傷病なし 36 7.44 9.86 5.56 42.39
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 副傷病なし 35 3.49 5.33 286 32.00
160800xx97xxxx 股関節大腿近位骨折 その他の手術あり 28 17.71 20.64 67.86 74.57
大腿骨頸部骨折で入院する患者さんが圧倒的に多いですが、術後に地域の回復期リハビリテーション病院へ転院するケースが多く、平均在院日数も全国平均より短くなっていて、転院率も84%と高い数値になっています。

<整形外科の特徴>
整形外科では、外傷一般(高齢者の骨折から交通外傷などの高エネルギー外傷まで)、膝肩スポーツ疾患、小児整形外科、手の外科、脊椎疾患などの診療を行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 43 12.23 7.52 20.93 52.21
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 22.54 19.35 46.15 68.23
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 22 20.59 9.87 31.82 71.32
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 7.86 7.12 0.00 48.76
010040x199x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 27.70 22.05 75.00 68.60
外傷による頭部損傷の患者さんや、脳出血に対する保存的治療で入院された患者さんが多くなっています。

<脳神経外科の特徴>
脳神経外科では、脳血管障害(脳出血、くも膜下出血、脳梗塞など)、頭部外傷(脳挫傷、急性硬膜下血腫、急性硬膜外血腫、慢性硬膜下血腫など)、脳腫瘍、機能的疾患(三叉神経痛、片側顔面けいれんなど)、水頭症(特発性正常圧水頭症、続発性正常圧水頭症、急性水頭症など)、脊椎疾患(変形性頸椎症、頸椎椎間板ヘルニア、脊髄腫瘍など)等の診療を行っています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 54 11.94 12.73 0.00 68.07
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 12.85 10.09 0.00 31.92
040010xx01x0xx 縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍 縦隔悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 3 8.00 11.61 0.00 68.00
040020xx97xxxx 縦隔の良性腫瘍 手術あり 2 5.00 9.15 0.00 62.50
040170xxxxxx0x 抗酸菌関連疾患(肺結核以外) 副傷病なし 2 6.50 10.61 0.00 66.50
肺癌の手術のため入院される患者さんが一番多く、次に気胸で手術のため入院される患者さんが多くなっています。肺癌で手術した場合の平均在院日数は全国平均より短くなっています。

<呼吸器外科の特徴>
呼吸器外科では、胸部腫瘍(肺癌、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍、悪性胸膜中皮腫など)や気胸、炎症性肺疾患、重症筋無力症に対する拡大胸腺全摘などの呼吸器関連疾患、胸部外傷などの診療を行っています。特に胸部悪性腫瘍に対しては、呼吸器内科、放射線診断科、放射線治療科、病理診断科と定期的なカンファレンスを行い、エビデンスに基づいたうえで個々の患者さんに合わせて最適な治療を選択するようにしています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 28 21.61 24.70 0.00 67.68
050050xx01110x 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等11,2あり 手術・処置等21あり 副傷病なし 17 23.06 27.92 0.00 70.06
050161xx9900xx 解離性大動脈瘤 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 17 21.24 18.27 0.00 75.00
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 11 25.91 23.36 0.00 72.09
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 18.27 17.95 9.09 70.18
弁膜症の手術のため入院される患者さんが最も多く、次に狭心症、慢性虚血性心疾患の手術のため入院される患者さんが多くなっています。いずれも平均在院日数は全国平均より短くなっています。

<心臓血管外科の特徴>
心臓血管外科では、虚血性疾患・弁膜症・急性肺塞栓症・急性大動脈解離・胸部大動脈瘤など、すべての後天性心疾患および胸部大動脈疾患の診療を行っています。三次救急病院の心臓血管外科として患者さんを救命すべく、24時間体制での緊急手術に対応しています。
血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 45 3.93 3.34 0.00 65.44
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 34 8.15 12.74 0.00 78.85
050163xx97x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等2なし 29 2.52 8.15 0.00 71.52
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 6.44 5.85 0.00 73.37
050163xx02x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術・処置等21あり 23 15.00 21.94 4.35 68.96
下肢静脈瘤の手術のため入院される患者さんが多く、入院期間はほとんどが3日~4日で退院しています。また、大動脈瘤のステントグラフト内挿術で入院される患者も多くなっています。大動脈瘤については、ステントグラフト内挿術以外の手術の患者さんも平均在院日数は全国平均より短くなっています。

<血管外科の特徴>
血管外科では、腹部・四肢・頸部の血管疾患(リンパを含む)である腹部大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症、急性動脈閉塞症、頸動脈狭窄、下肢静脈瘤などの診療を行っています。血液透析用シャント作製も行っています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 111 7.73 9.88 0.00 33.83
12002xxx99x30x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 65 3.06 20.81 0.00 54.17
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 59 8.03 10.05 0.00 41.36
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 42 9.48 13.29 0.00 54.33
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 40 5.55 6.42 0.00 43.08
産科では帝王切開手術のための入院患者さんが多く、婦人科では子宮がんの化学療法や手術の患者さんや、子宮筋腫の手術の患者さんが多くなっています。子宮がんの化学療法の平均在院日数は全国平均と比較し、特に短くなっています。

<産婦人科の特徴>
産婦人科では、尾張西部地域周産期センターとして産科領域の救急・ハイリスク症例を幅広く受け入れております。婦人科においては、子宮や卵巣の良性疾患とともに悪性腫瘍の診断、治療に力を入れており、手術、化学療法(抗がん剤)、放射線治療を組み合わせた集学的治療も取り入れています。腹腔鏡や子宮鏡を使用した低侵襲手術も積極的に行っています。女性特有のホルモンの病気、月経異常の治療、不妊症や更年期障害の治療も行っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 3 3.33 2.91 0.00 70.67
020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患 手術なし 3 1.67 2.61 0.00 69.33
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり片眼 3 3.00 7.01 0.00 71.33
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。) 手術あり 2 2.00 3.36 0.00 11.00
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 2 3.00 7.72 0.00 70.50
<眼科の特徴>
眼科では、眼および眼付属器(眼瞼や涙道)の診療を行っています。点眼で治療可能な一般的な眼科疾患のほか、幼小児の弱視に対する眼鏡処方、糖尿病網膜症や緑内障に対するレーザー治療、翼状片、結膜弛緩症、白内障などに対する手術を行っています。今回データ公開の対象ではありませんが、「白内障、水晶体の疾患 水晶体再建術・眼内レンズ挿入」が210件あります。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 126 6.02 8.12 0.00 11.95
03001xxx99x4xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 51 16.41 14.13 0.00 66.47
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 46 9.09 9.36 0.00 34.43
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 41 5.71 5.50 0.00 36.46
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 37 8.16 7.47 0.00 50.57
小児の扁桃、アデノイド手術の入院患者さんが圧倒的に多く、平均在院日数も全国平均より短くなっています。次に頭頸部悪性腫瘍の患者さんが多くなっています。

<耳鼻咽喉科の特徴>
一般の耳鼻いんこう科疾患(みみ・はな・のど)に加え、顔面外傷や腫瘍性疾患を含む頭頚部外科(首から上の外科のことです)まで幅広く診療を行っています。
放射線治療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070040xx99x2xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 手術なし 手術・処置等22あり 3 16.00 24.03 66.67 72.67
010010xx99030x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 2 19.00 9.60 0.00 65.50
010010xx01x3xx 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等23あり 1 31.00 53.03 0.00 74.00
060010xx99x1xx 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等21あり 1 33.00 22.99 100.00 84.00
12002xxx97x2xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等22あり 1 38.00 40.55 0.00 90.00
<放射線治療科の特徴>
放射線治療科では、肺癌、乳癌、前立腺癌、頭頚部癌、子宮頚部癌、食道癌、転移性骨腫瘍、転移性脳腫瘍、術後の再発腫瘍、除痛目的の緩和的放射線治療などの診療を行っています。高精度放射線治療から緩和的治療に至るまで、幅広いがん放射線治療に対応しています。放射線治療科は他の科で入院中の患者さんの放射線治療や外来での放射線治療が主で、自科で入院患者を持つことはほとんどありません。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 78 18.33 16.73 32.05 72.50
010060x2990301 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 42 17.36 18.98 23.81 75.10
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 29 18.90 16.54 37.93 68.00
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 13.72 21.25 16.00 74.60
010090xxxxx00x 多発性硬化症 手術・処置等2なし 副傷病なし 22 16.73 13.92 4.55 47.50
脳梗塞では発症3日目以内の患者さんが多く、神経内科全体の52%を占めています。平均在院日数もほぼ全国平均と差がありません。

<神経内科の特徴>
神経内科では、脳、脊髄、末梢神経、筋肉などの病気の診療を行っています。体を動かしたり、感じたりすることや、考えたり覚えたりすることが上手に出来なくなったときにこのような病気を疑います。神経内科は手術をしないで内科的に薬やリハビリテーションなどにより神経の病気を治療します。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 36 9.56 11.97 0.00 76.97
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 36 7.92 8.96 0.00 70.19
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 23 8.48 8.78 4.35 76.35
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 手術なし 手術・処置等2なし 15 1.73 4.19 0.00 44.00
080140xxxxx2xx 炎症性角化症 手術・処置等22あり 11 2.00 2.84 0.00 68.82
急性膿皮症、帯状疱疹の入院患者さんが多くなっています。平均在院日数はいずれも全国平均より短くなっています。

<皮膚科の特徴>
皮膚科では、皮膚に生じた病気全般を取り扱っています。皮膚腫瘍、アレルギー疾患、膠原病まで幅広く診療を行っています。外来診療では様々な皮膚疾患に対して皮膚生検、パッチテスト、血液検査等をおこない診断していきます。また入院治療は良性、悪性腫瘍や植皮などの手術のほか、帯状疱疹、水痘、蜂巣織炎などの各種感染症、重症薬疹、膠原病などに対しておこなっています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 90 6.46 7.44 0.00 75.59
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 35 10.91 12.43 2.86 77.83
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 30 7.83 9.98 3.33 73.57
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 25 5.52 11.72 0.00 75.96
110420xx97xx0x 水腎症(その他) その他の手術あり 副傷病なし 22 5.00 5.33 0.00 67.00
膀胱腫瘍の経尿道的手術で入院される患者さんがも最も多く、次いで腎臓または尿路の感染症、前立腺肥大症等の患者さんが多くなっています。いずれも平均在院日数は全国平均より短くなっています。

<泌尿器科の特徴>
泌尿器科では、泌尿器科悪性腫瘍、男性生殖器悪性腫瘍、尿路結石、前立腺肥大症、排尿障害高齢者の尿路管理などの診療を行っています。今回データ公開の対象ではありませんが、「前立腺の悪性腫瘍 手術なし 処置あり(前立腺針生検法)」が113件あります。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 44 13.20 12.84 9.09 68.41
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 34 6.53 8.87 0.00 65.94
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等21あり 28 45.21 37.06 17.86 70.25
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 28 13.57 14.77 3.57 67.14
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 23 5.26 7.58 0.00 45.13
当院では慢性維持透析を行っていませんので、透析シャントの手術や他院で透析中の患者さんが透析に関わる合併症等を発症した場合の入院治療が中心となります。

<腎臓内科の特徴>
腎臓内科では、成人(高校生以後)の腎炎、腎不全など、腎臓に関する内科的疾患を診断治療を行っています(結石、腫瘍など外科的疾患は泌尿器科が、中学生以前は小児科がそれぞれ担当しています)。
糖尿病・内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 34 13.82 14.61 2.94 67.38
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 18.91 21.25 18.18 85.36
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 2.60 6.12 0.00 52.30
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 手術なし 9 17.67 10.17 33.33 74.56
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 副傷病なし 6 13.83 13.78 0.00 49.17
2型糖尿病のインスリン自己注射などを目的とした教育入院が多く、平均在院日数は全国平均より短くなっています。

<糖尿病・内分泌内科の特徴>
糖尿病・内分泌内科では、糖尿病、甲状腺疾患を中心に、間脳下垂体疾患、副甲状腺疾患、副腎疾患などの内分泌疾患、脂質異常症、高尿酸血症などの代謝性疾患と、メタボリックシンドロームに代表される肥満症などを対象に診療を行っています。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 86 17.06 16.83 1.16 69.60
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり 55 34.44 41.96 1.82 59.67
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし 35 23.40 34.90 5.71 74.23
130040xx99x5xx 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 手術なし 手術・処置等25あり 33 17.03 25.11 3.03 68.18
130030xx97x3xx 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等23あり 20 25.40 36.08 10.00 70.50
悪性リンパ腫、急性白血病、多発性骨髄腫の入院患者さんが多く、化学療法が主な治療となります。いずれも平均在院日数は全国平均より短くなっています。

<血液内科の特徴>
血液内科では、血液の病気(白血病、悪性リンパ腫、骨髄異形成症候群、多発性骨髄腫などの造血器悪性疾患。鉄欠乏、ビタミン欠乏などを原因とした貧血や血球減少。特発性血小板減少性紫斑病、再生不良性貧血などが代表的疾患)を全般的に診療しています。
当院は、日本を代表する臨床グループの一つである Japan Adult Leukemia Study Group(JALSG)の参加施設で、種々の臨床試験にも積極的に参加しています。
血液疾患は、基礎的な研究と実際の病気が密接に関係しており、原因の究明、診断法の開発、新たな治療法の開発が日進月歩で進んでいますが、当科でもエビデンスに基づいた最新の診断・治療法を患者に提供することを第一としています。
乳腺・内分泌外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 24 5.08 6.59 0.00 62.83
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 4 9.00 10.30 0.00 56.00
090010xx99x00x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 4 11.25 9.39 25.00 58.25
090010xx99x01x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり 4 20.00 13.58 75.00 73.50
070040xx99x4xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 手術なし 手術・処置等24あり 2 28.50 17.48 0.00 53.00
乳がんの手術では乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)が最も多く、次いで単純乳房切除術(乳腺全摘術)が多くなっています。いずれも平均在院日数は全国平均より短くなっています。

<乳腺・内分泌外科の特徴>
乳腺・内分泌外科では、乳がんの診断治療のおける個別化診療において、MRIあるいはダイナミックCTのデータを基に乳癌病巣を3Dプリンターで作製した実物大の立体模型で説明し治療選択決定を実践しています。この、「実物大の立体模型で確かめる乳がんの診療」により、患者さんが「乳がん」という病名についてしっかりと受けとめることができ、そして、患者さん自身が今後の治療に向かって前向きに、主体的に取り組める乳癌診療を心がけています。


※当院の標榜科のうち、内科、リハビリテーション科、放射線診断科、病理診断科、病理診断科、救急科、麻酔科については入院手術実績がありません。また、歯科口腔外科についてはDPCの対象となりませんので掲載していません。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 41 9 19 52 46 44 1 6,7
大腸癌 14 28 38 31 21 31 1 6,7
乳癌 23 14 2 1 4 15 1 6,7
肺癌 31 11 62 142 44 115 1 6,7
肝癌 7 17 13 5 7 42 1 6,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院は5大癌(胃がん・大腸がん・乳がん・肺がん・肝がん)を始め、血液がんや前立腺がんなど幅広くがん治療を行っています。
乳がんについては、平成28年度から専門医が常駐したことにより、平成27年度と比較して大幅な増加がみられました。5大癌のなかで最も多く治療を行っている肺がんにおいては、治療開始時の病期分類はStageⅣが最も多くなっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 26 9.77 50.12
中等症 117 16.36 76.62
重症 48 23.00 79.54
超重症 8 22.38 83.13
不明 0 0.00 0.00
当院における成人市中肺炎の重症度別患者数においては、中等症が最も多く、成人市中肺炎の全体の約58%を占めています。また、中等症以上は75歳以上の高齢者の割合が高く、重症になっていくほど平均年齢が高くなっています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 6 10.83 71.50 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
I63$ 脳梗塞 3日以内 298 24.60 75.03 38.73
その他 17 21.06 71.00 1.90
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 10 9.40 73.50 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 1 43.00 79.00 100.00
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
当院ではI63$脳梗塞の患者さんが最も多く、89.7%の方が発症後3日以内に入院されています。そのうち約38%の方が地域連携パスなどにより回復期リハビリテーション病院へリハビリ等の目的で転院されています。また、発症後3日以内に入院された患者さんのうち、エダラボン又はtPA(血栓溶解療法)が行われたのは69件で、その割合は約23.1%でした。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 9 38.00 38.67 22.22 79.00
K386 気管切開術 4 14.50 49.00 25.00 68.00
K508-3 気管支熱形成術 3 4.33 2.00 0.00 65.00
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 3 25.00 31.00 33.33 72.67
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 2 29.00 5.00 0.00 73.00
胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)が最も多く、呼吸器内科全体の25%を占めています。
呼吸器内科では自科で手術することはほとんどなく、入院中に他科へ依頼した胃瘻造設術、気管切開術などが実績としてあがっています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 94 2.51 13.71 15.96 75.97
K654 内視鏡的消化管止血術 60 1.35 10.42 3.33 70.70
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 55 1.84 3.27 0.00 70.95
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 34 2.79 7.21 0.00 72.38
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 32 2.16 9.69 3.13 65.78
内視鏡的胆道ステント留置術が最も多く、消化器内科全体の約17.2%を占めています。次に内視鏡的消化管止血術が約11.0%、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2㎝未満)が約10.1%でした。

<消化器内科の特徴>
膵胆道疾患について、膵胆道疾患の診断・治療を精力的に行っています。特に悪性疾患の診断に力を入れており、EST(内視鏡的乳頭括約筋切開術)・ERBD(内視鏡的逆行性胆道ドレナージ)・内視鏡的胆道ステント・膵管ドレナージ等ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)を利用した膵胆道系の内視鏡的治療を幅広く実施しています。
消化管について、内視鏡を用いた検査及び治療を中心に診療を行っています。癌等悪性疾患の診断に力を入れており、特に早期癌について色素内視鏡・超音波内視鏡等も用い、広がり・深達度診断を実施し、可能な限り内視鏡的治療を実施しています。消化管出血等緊急時には上部消化管内視鏡(胃カメラ)・下部消化管内視鏡(大腸ファイバー)による診断・内視鏡的治療をいつでもできるように体制を整えています。
肝疾患について、腹部超音波検査・腹部CT(ダイナミックCT等)・MRCT・血管造影等の画像診断及び超音波誘導下肝生検・吸引細胞診による病理学的検索により、肝細胞癌等悪性疾患の診断に努めています。肝癌に対しては選択的肝血管塞栓術・ラジオ波焼灼術(RFA)・エタノール局注療法などで積極的に治療しています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 175 1.26 4.18 2.29 70.67
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 90 1.32 2.71 2.22 70.59
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 77 0.00 15.38 1.30 72.21
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 74 1.22 2.66 0.00 62.77
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 41 0.85 11.07 7.32 73.54
経皮的冠動脈ステント留置術(その他)が最も多く、循環器内科全体の約24.8%を占めています。次に経皮的冠動脈形成術(その他)が約12.8%、経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞)が約10.9%でした。

<循環器内科の特徴>
循環器内科では、心血管内治療として主に狭心症・心筋梗塞に対する経皮的冠動脈形成術や、不整脈に対するアブレーションといったカテーテル治療やペースメーカー植え込み術などに取り組んでいます。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 38 0.00 25.26 2.63 0.00
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) 10 0.00 24.00 10.00 0.00
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの) 4 0.00 3.00 0.00 2.75
K386 気管切開術 2 36.00 54.00 0.00 1.00
K2762 網膜光凝固術(その他特殊なもの(一連につき)) 1 41.00 70.00 0.00 0.00
新生児仮死蘇生術(仮死第1度)が最も多く、小児科全体の約60.3%を占めています。次に新生児仮死蘇生術(仮死第2度)が多く約15.8%でした。

<小児科の特徴>
小児科では、地域の周産期センターとして産婦人科との緊密な連携の下、1000gにも満たない超低出生体重児や、病的新生児の出生・治療に対応しています。また、産院の分娩立会いや新生児搬送に24時間対応しています。外科的疾患(手術が必要な病気)は外科系診療科(小児外科、耳鼻科など)に依頼しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 103 2.49 3.72 0.97 62.41
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 93 0.70 1.51 0.00 57.22
K6335 鼠径ヘルニア手術 37 0.70 1.41 0.00 69.14
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 27 7.67 17.26 3.70 71.30
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 26 0.50 3.27 0.00 25.04
腹腔鏡下胆嚢摘出術が最も多く、外科全体の約15.3%を占めています。次に腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側)が多く約13.8%でした。

<外科の特徴>
近年、外科では腹腔鏡下手術の導入を積極的に進めており、積極的にその適応を広げています。腹腔鏡下手術の適応拡大は患者さんにとって低侵襲であるだけでなく、手術の視覚化とその画像の共有化によって、より精緻でより質の高い手技の実現に役立っており、従来の開腹手術の質の向上にも繋がっています。治療方針については、各疾患のガイドラインに基づいた治療を基本としていますが、患者さんにとっていちばん良い治療を選択するため、本人やご家族の意向を尊重するとともに、多職種合同の医療チームで方針を検討しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 144 1.19 15.66 65.97 79.17
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 115 0.90 6.39 17.39 59.43
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 64 3.59 19.23 89.06 80.00
K0731 関節内骨折観血的手術(肩,股,膝,肘) 50 1.26 12.68 58.00 67.16
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 45 0.27 1.31 0.00 42.09
骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿)が最も多く、整形外科全体の約21.8%を占めています。次に骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨)が多く約17.4%でした。

<整形外科の特徴>
整形外科では、関節リウマチを中心として、広く運動器の疾患を治療しています。また、多発外傷も含め、交通事故や、スポーツによる外傷(骨折・脱臼・靭帯損傷など)も積極的に受け入れています。手術を必要とする患者さんには最小の侵襲で最大限の治療効果が得られるよう治療を工夫し、リハビリテーション科とともに、術後早期よりベッドサイドでの(急性期)リハビリテーションを実施しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 32 1.84 17.34 28.13 80.81
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 12 2.25 49.42 75.00 66.42
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 7 4.00 24.57 14.29 58.29
K1781 脳血管内手術(1箇所) 6 3.67 34.50 16.67 69.67
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 5 4.60 9.80 0.00 72.40
慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術が最も多く、脳神経外科全体の約31.0%を占めています。次に脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所)が多く約11.6%でした。

<脳神経外科の特徴>
脳神経外科では、脳腫瘍、脊椎脊髄疾患、機能的疾患(三叉神経痛、片側顔面けいれん等)等の一般的な手術は当院にて行っていますが、脳腫瘍に対する覚醒下手術、術中MRIを必要とする手術など特殊な技術、設備が必要な治療は大学病院へ紹介することになります。
脳血管内治療については、脳動脈瘤コイル塞栓術、頚動脈ステント留置術などの血管内手術を行っています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 31 1.35 9.90 0.00 69.35
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 14 8.93 5.36 0.00 38.07
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 11 2.00 4.18 0.00 67.27
K5141 肺悪性腫瘍手術(部分切除) 4 1.00 5.75 0.00 62.75
K5142 肺悪性腫瘍手術(区域切除) 4 1.25 9.50 0.00 69.50
肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの)が最も多く、呼吸器外科全体の約38.2%を占めています。次に胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除))が約17.2%、胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除)が約13.5%でした。

<呼吸器外科の特徴>
近年、手術の安全性を確保するために、周術期管理に医師や看護師だけでなく多職種連携のチームで関わることの重要性が認識されつつあります。呼吸器外科では、悪性腫瘍症例は手術前に口腔外科の診察を受け、口腔ケアを実践していただくようにしています。また、リハビリ科の協力により、手術が決まったら外来で呼吸リハビリの指導を実施しています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 38 5.71 21.13 2.63 71.82
K5551 弁置換術(1弁) 16 5.31 18.75 6.25 74.88
K5943 不整脈手術(メイズ手術) 13 7.85 20.15 0.00 70.31
K5541 弁形成術(1弁) 12 3.50 16.08 0.00 64.17
K5601ニ 大動脈瘤切除術(上行大動脈)(その他のもの) 11 3.36 24.91 9.09 66.91
冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上)が最も多く、心臓血管外科全体の約28.5%を占めています。次に弁置換術(1弁)が多く約12.0%でした。

<心臓血管外科の特徴>
心臓血管外科では、虚血性心疾患・弁膜症・胸部大動脈疾患のすべての後天性疾患を対象として経験を積み重ねてきました。それを礎とし、6㎝程度の右小開胸による3D内視鏡下僧帽弁形成術(MICS-MVP)や胸部大動脈ステントグラフト内挿術(TEVAR)などの治療にも積極的に取り組んでいます。
血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 32 2.69 8.16 3.13 80.75
K617-2 大伏在静脈抜去術 29 1.00 2.07 0.00 67.24
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 26 2.27 13.65 3.85 74.15
K5607 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(その他のもの)) 17 3.12 10.41 5.88 70.47
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 17 1.00 2.06 0.00 62.06
ステントグラフト内挿術(腹部大動脈)が最も多く、血管外科全体の約18.0%を占めています。次に大伏在静脈抜去術が約16.3%、四肢の血管拡張術・血栓除去術が14.6%でした。

<血管外科の特徴>
血管外科では、胸部、腹部大動脈瘤、腹部内蔵動脈瘤の手術的治療およびステントグラフトによる治療、閉塞性動脈硬化症に対しては血管拡張術(PTA+ステント)とバイパス手術などを行っています。頚動脈病変には、血栓内膜切除術(CEA)を、また腎動脈狭窄には血管拡張術を行っています。下肢静脈瘤やリンパ浮腫には、保存的治療から手術的な治療まで、病態に応じて適切な治療を行っています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 111 4.29 5.41 0.00 33.55
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 62 5.19 5.79 0.00 33.77
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 55 1.11 3.35 0.00 41.09
K877 子宮全摘術 54 1.26 5.74 0.00 45.98
K879 子宮悪性腫瘍手術 39 1.72 6.87 0.00 55.33
帝王切開術(選択帝王切開)が最も多く、産婦人科全体の約21.7%を占めています。次に帝王切開術(緊急帝王切開)が約12.1%、子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡)が約10.7%、子宮全摘術が約10.5%でした。

<産婦人科の特徴>
産科では正常妊娠、分娩の管理だけではなく、内科疾患等(糖尿病、高血圧、甲状腺機能異常、血液疾患、その他)の合併妊娠に対して関連科と連携して診療を進めています。
婦人科では、子宮や卵巣の良性疾患とともに悪性腫瘍の診断、治療に力を入れており、手術、化学療法(抗がん剤)、放射線治療を組み合わせた集学的治療も取り入れています。腹腔鏡や子宮鏡を使用した低侵襲手術も積極的に行っています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 213 0.00 1.73 0.00 74.94
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 4 0.00 2.00 0.00 72.25
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(縫着レンズを挿入するもの) 2 0.00 2.00 0.00 79.00
K2423 斜視手術(前転法と後転法) 1 0.00 1.00 0.00 11.00
K2425 斜視手術(直筋の前後転法と斜筋手術) 1 0.00 1.00 0.00 11.00
水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの)が最も多く、眼科全体の約95.5%を占めています。

<眼科の特徴>
眼科では、糖尿病網膜症や緑内障に対するレーザー治療、眼瞼下垂や眼瞼内反症、涙道閉塞、翼状片、結膜弛緩症、白内障、網膜硝子体疾患などに対する手術を行っています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 113 0.99 4.27 0.00 13.22
K319 鼓室形成手術 50 1.24 6.84 0.00 33.08
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 44 0.55 0.84 0.00 6.59
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 29 0.93 5.90 0.00 50.34
K347 鼻中隔矯正術 12 1.00 5.92 0.00 38.33
口蓋扁桃手術(摘出)が最も多く、耳鼻咽喉科全体の約27.8%を占めています。次に鼓室形成手術が約12.3%、鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術が約10.8%でした。

<耳鼻咽喉科の特徴>
耳鼻咽喉科では、小児の扁桃肥大や成人の慢性扁桃炎に対して手術治療を積極的に行っています。また、慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎に対しては、単純な穿孔性中耳炎の日帰り手術から難治性の慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎の手術治療を積極的に行っています。慢性副鼻腔炎(蓄膿症)に対しては、薬物治療と内視鏡手術を主体に治療を行っています。
放射線治療科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 1 8.00 22.00 0.00 74.00
放射線治療科では自科で手術することはなく、脳神経外科で行われた手術後に放射線治療のため転科した症例が実績としてあがっています。
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 22 26.45 15.14 72.73 78.64
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 7 32.29 24.57 57.14 85.14
K386 気管切開術 2 5.00 48.50 100.00 65.00
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 1 1.00 71.00 100.00 93.00
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 1 0.00 7.00 0.00 82.00
胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)が最も多く、神経内科全体の55%を占めています。次に中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)が多く約17.5%でした。
神経内科では自科で手術することはほとんどなく、入院中に他科へ依頼した胃瘻造設術、中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)、気管切開術などが実績としてあがっています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 32 0.19 7.91 3.13 75.03
K013-21 全層植皮術(25cm2未満) 9 0.11 6.11 0.00 69.00
K013-22 全層植皮術(25cm2以上100cm2未満) 2 0.50 11.00 0.00 68.00
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) 2 5.00 13.00 50.00 80.50
K0133 分層植皮術(100cm2以上200cm2未満) 1 14.00 77.00 100.00 63.00
皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除)が最も多く、皮膚科全体の64%を占めています。次に全層植皮術(25㎠未満)が多く18%でした。

<皮膚科の特徴>
皮膚科では、皮膚悪性腫瘍の手術を積極的に行っています。また、悪性黒色腫についてはセンチネルリンパ節生検を含め、免疫チェックポイント阻害剤、BRAF阻害剤など各種新規化学療法をおこなっています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 90 0.78 4.67 0.00 75.58
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 73 0.52 1.18 1.37 61.36
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 39 0.51 3.82 2.56 67.28
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 32 0.94 5.75 3.13 74.19
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術 15 3.87 13.80 0.00 63.73
膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの)が最も多く、泌尿器科全体の約26.7%を占めています。次に体外衝撃波腎・尿管結石破砕術が約21.6%、経尿道的尿管ステント留置術が約11.5%でした。

<泌尿器科の特徴>
泌尿器科では、腹腔鏡による腎摘出手術、軟性尿管鏡による尿路結石治療を導入しています。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 69 9.28 14.00 5.80 67.03
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 2 12.50 38.00 0.00 77.00
K6146 血管移植術、バイパス移植術(膝窩動脈) 2 16.50 53.00 50.00 85.00
K654 内視鏡的消化管止血術 2 3.00 12.50 0.00 89.50
K331 鼻腔粘膜焼灼術 1 3.00 10.00 0.00 73.00
内シャント又は外シャント設置術が最も多く、腎臓内科全体の約84.1%を占めています。

<腎臓内科の特徴>
腎臓内科では、慢性腎不全領域においては、CKDガイドラインによる地域連携、ESRDを中心とする専門外来、シャント手術、透析導入、透析導入期に限定した外来通院透析、腹膜透析外来などの診療を行い、従来通り、人工血管によるシャント造設は血管外科へ、腹膜透析カテーテル挿入は外科へ依頼しています。
糖尿病・内分泌内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 2 37.00 22.00 100.00 83.00
K386 気管切開術 1 11.00 16.00 0.00 79.00
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 1 0.00 25.00 0.00 66.00
胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)が最も多く、糖尿病・内分泌内科全体の50%を占めています。
糖尿病・内分泌内科では自科で手術することはほとんどなく、入院中に他科へ依頼した胃瘻造設術、気管切開術、経尿道的尿管ステント留置術が実績としてあがっています。
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植の場合) 6 0.00 25.00 0.00 66.00
K331 鼻腔粘膜焼灼術 4 11.25 12.00 0.00 72.50
K147 穿頭術(トレパナチオン) 2 26.00 20.00 0.00 73.50
K386 気管切開術 2 7.50 29.00 50.00 80.50
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) 2 13.50 27.50 0.00 71.00
造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植の場合)が最も多く、血液内科全体の25%を占めています。次に鼻腔粘膜焼灼術が多く約16.6%でした。

<血液内科の特徴>
当院は自己末梢血造血幹細胞移植の実施施設であり、適応症例には積極的に移植を実施しています。血液内科では自科で手術することはほとんどなく、入院中に他科へ依頼した鼻腔粘膜焼灼術、穿頭術(トレパナチオン)、気管切開術などが実績としてあがっています。
乳腺・内分泌外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 24 1.46 2.63 0.00 62.83
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 4 2.25 5.75 0.00 56.00
K4741 乳腺腫瘍摘出術(長径5cm未満) 3 0.33 1.00 0.00 47.33
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 2 2.00 5.50 0.00 47.00
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) 1 0.00 3.00 0.00 88.00
乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない))が最も多く、乳腺・内分泌外科全体の約66.6%を占めています。次に乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない))が多く約11.1%でした。

<乳腺・内分泌外科の特徴>
乳腺・内分泌外科では、乳癌症例において乳腺MRIをもとにした、3Dプリンターモデルを作製し、病状説明および3Dプリンターモデルアシスト下乳房部分切除を行っています。


※当院の標榜科のうち、内科、リハビリテーション科、放射線診断科、病理診断科、病理診断科、救急科、麻酔科については入院手術実績がありません。また、歯科口腔外科についてはDPCの対象となりませんので掲載していません。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 2 0.02
異なる 6 0.05
180010 敗血症 同一 53 0.41
異なる 32 0.25
180035 その他の真菌感染症 同一 9 0.07
異なる 18 0.14
180040 手術・処置等の合併症 同一 28 0.22
異なる 4 0.03
「入院契機と同一」とは、入院した時に上記疾患(播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症、手術・処置等の合併症)と診断されている患者さんであり、「入院契機と異なる」とは、入院した時には別の病気で入院したが、その後に上記疾患の状態となり、入院時の疾患よりもそれらの治療により多くの医療資源が必要となった場合を意味しています。
 ここで示している敗血症の入院患者数の内訳は、入院時から敗血症を中心に加療した症例が53例、入院中に発症し、治療の中心が敗血症となった症例が32例となります。
 当院は様々な疾患を持った治療が難しい患者さんの手術を行っており、手術後に播種性血管内凝固症候群や敗血症等を合併することがあります。手術や処置などを行う際には合併症を起こさないように細心の注意を払い施行しています。起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者さんに説明した上で、手術や処置の施行に同意をいただくよう努めています。
更新履歴
2017/09
初版