EDUCATION

教育システム

信頼される看護の実践と自己実現

看護局では、病院の理念・方針をふまえ、ひとりひとりの看護職員がそれぞれの能力に応じて看護の実践能力を開発していくキャリア開発プログラムにそった現任教育を実践しています。また、この教育システムにより、看護職員が自律し、看護をとおして成長し、豊かな人生を築けることを目指しています。キャリアを重ねた看護職員に対しては、個々の目標に合わせた専門性の追求やリーダーシップがとれる人材育成の道もサポートしています。院内研修は、「看護実践能力」「組織的役割遂行能力」「自己教育・研究能力」領域の内容でレベル毎に構成し、実施しています。さらに、看護職のみではなく、他職種とともに学ぶ研修や院外研修、学会参加においてもサポートしています。また、「看護師の生涯教育」と「看護局の教育・研修」のサポートのためにオンライン講義のネット配信サービスを活用しています。

教育理念

患者さんと心のかよう看護が提供できるように自己啓発・自己研鑚に努め、人間性豊かな看護職員として成長できるよう教育的臨床環境を提供する

教育目的

・専門的知識とさまざまな状況に対応できる看護技術や感性を磨くことで自信をもって看護が実践できる

・患者さんを尊重した安全で質の高い看護を実践できる

教育目標

1) 看護職員としての自覚を持ち、責任ある行動がとれるよう育成する。
2) 看護師として自律し、より専門的な看護領域を深めるために必要な臨床能力を育成する。

(1) 看護の核となる実践能力を育成する。

  1. ①ニーズをとらえる力
  2. ②ケアする力
  3. ③協働する力
  4. ④意思決定を支える力
(2) 組織的役割遂行・自己教育・研究能力を育成する。
(3) 看護の特定分野の知識・技術を深め組織の中で活用できる能力を育成する。

・看護職員としての自覚を持ち、責任ある行動がとれるように育成する

・看護師として自律し、より専門的な看護領域を深めるために必要な臨床能力を育成する

1)看護実践能力を育成する

2)対人関係能力を育成する

3)組織的役割遂行能力を育成する

4)自己教育・研究能力を育成する

5)倫理的意思決定能力を育成する

6)看護の特定分野の知識・技術を深め組織の中で活用できる能力を育成する

看護職クリニカルラダーシステム概念図

当院の目指す看護師像

心のかよう看護

社会人基礎力:前に踏み出す力(アクション)・考え抜く力(シンキング)・チームで働く力(チームワーク)

職務を遂行する上で発揮すべき能力:倫理的態度、知識・技能・業務遂行、関係の構築、患者への対応、部下の育成・活用

ラダー研修風景

医療の安全性(感染防止)

BLS

輸液ポンプ・シリンジポンプの取り扱い

レベルⅡ研修 リーダーシップ2

レベルⅢ研修 安全管理3-1

レベルⅣ研修 安全管理4-1

クリニカルラダー修了認定式

看護局長より一人ずつ認定証をいただき、名札に星マークを付与します。
レベルアップした個々の助産師・看護師の努力と先輩・上司のサポートによって、看護の質を高めています。

看護局&院内全体の活動・研修

TQM発表会

院内看護研究発表会