クリニカルパス

クリニカルパスとは

クリニカルパスとは、ある病気の治療や検査を受けられる患者さんの入院中のスケジュールを表にまとめたもので、1つの治療や検査ごとに1つずつ作られています。

 クリニカルパスには、病院用と患者さん用があり、患者さん用クリニカルパスには、患者さんが入院してからの食事や処置、検査・治療、そのための準備、退院後の説明等が日ごとに詳しく説明されています。こちらにその一部を公表していますので、ぜひご参照ください。

 当院では、クリニカルパスを積極的に導入することで、患者さんを中心とするチーム医療の実現、安全かつ質の高い医療の提供を目指しています。

【クリニカルパス 例】

PAGE TOP

患者さんに安心してより良い医療を受けていただくために

 クリニカルパスには、入院中の患者さんの生活が細かく書かれています。例えば、手術を受けられる患者さんが、手術後いつから食事が取れるようになるのか、いつからお風呂に入れるようになるのか、何日間ぐらいで退院できるのか、、、、。入院される患者さんの多くは、入院生活についてはわからないことばかりなのに、誰に聞いていいのかもわからなくてお困りではないでしょうか?

 私たちは、これから不安いっぱいで入院される患者さんに私たちの行なっている医療を少しでもわかっていただき、少しでも安心して、そして一緒に力を合わせて病気を克服していただきたいのです。

 ただし、すべての患者さんにクリニカルパスが使用できるわけではありません。病気の状態や患者さんの状態によってはクリニカルパスが使用できないこともありますのでご了承ください。

PAGE TOP

当院のクリニカルパスの目的

1)医療を標準化する

 医療の標準化とは、病気に対し科学的根拠(エビデンス)に基づいた処置や治療を、一定の質を保ちながら行うことです。標準化されていない医療では、皆が思い思いの医療を行うので、医療の質にばらつきがあります。クリニカルパスを使用することにより、エビデンスに基づいた質の高い医療ができ、無駄な検査や投薬を減らすことも可能です。 

2)情報を共有し、チーム医療を実現する

 クリニカルパスは、医師、看護師、薬剤師、理学療法士、臨床検査技師、放射線技師、栄養士、事務員などいろいろな職種が話し合って作成します。できあがったクリニカルパスは、各専門分野からの意見を元にエビデンスに基づき作成され、チーム医療を目に見える形にしたものです。

3)患者さんの医療参加を推進する

 クリニカルパスを用いた説明により、患者さんは入院中のスケジュールを把握することができ、より安心して治療や検査を受けられます。さらに病気や治療について理解を深め、医療者と入院経過を共有することができます。

4)医療を効率化する

 クリニカルパスを使用することで、不必要な検査や投薬などを減らすこともでき、入院日数の短縮や医療費の削減につなげることが可能です。 

5)医療安全の推進に役立てる

 クリニカルパスでは、検査・処置・治療のオーダー内容や、看護ケアの内容を複数の医療スタッフが確認することで、指示漏れやチェック漏れの防止に役立ちます。これらの実現で患者さんは適切な医療を効率的かつ安全に受けることができます。 

6)持続的なバリアンス評価により医療ケアの質を向上する

 クリニカルパスでは、バリアンス(スケジュール通りいかないこと)がどれぐらい発生したのか集計され、定期的な見直しを行っています。バリアンスの評価によりクリニカルパスはさらに改善されるので、質の高い安全な医療を確保し、さらなる向上につなげることができます。 

PAGE TOP

当院で使用されているクリニカルパス

 当院は、約300種類のクリニカルパス(入院スケジュール)があります。入院患者の50~60%のかたがクリニカルパスを利用して、入院中の予定を分かったうえで入院生活を送って頂いております。

各診療科で代表的なクリニカルパスを掲載しております。

クリニカルパス一覧

PAGE TOP

共通

誤嚥性肺炎

糖尿病・内分泌内科

糖尿病教育入院

呼吸器内科

気管支鏡検査

肺癌:免疫チェックポイント阻害薬

肺癌:抗癌剤単剤

肺癌:分子標的薬(タグリッソ)

肺癌:CBDCA併用化学療法

肺癌:CDDP併用化学療法

分子標的薬(イレッサ)

分子標的薬(タルセバ)

PAGE TOP

腎臓内科

 リツキサン点滴(初回導入)

リツキサン点滴(2回目以降)

腹膜平衡試験

PAGE TOP

血液内科 

R-CHOP療法〈初回導入)

PAGE TOP

消化器内科

 内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)

食道静脈瘤結紮術(EVL)

内視鏡的上部消化管粘膜下層切除・剥離術

超音波内視鏡下穿刺吸引生検(EUS-FNB)

内視鏡的下部消化管粘膜下層切除・剥離術

腹部血管造影

ラジオ波焼灼術(RFA)

経皮経肝胆嚢ドレナージ(PTGBD/PTGBA)

出血性消化性潰瘍

CDDP+TS-1療法

PAGE TOP

総合内科

新型コロナウイルス肺炎 中等症以上

PAGE TOP

循環器内科

心臓カテーテル検査

経皮的冠動脈形成術

経皮的末梢血管形成術

急性心筋梗塞

ペースメーカー植込み

経皮的大動脈弁置換術

心筋焼灼術

心不全教育入院

PAGE TOP

心臓血管外科

急性大動脈解離(保存)

開心術

PAGE TOP

血管外科

腹部大動脈瘤

腹部ステントグラフト内挿術

血管内治療

胸部ステントグラフト内挿術

外科的下肢血行再建術

PAGE TOP

外科

腹腔鏡下胆嚢摘出術

そけいヘルニア(腰椎麻酔)

腹腔鏡下そけいヘルニア修復術(TAPP)

待機的虫垂切除

腹腔鏡下胃切除術

腹会陰式直腸切断術

左側結腸切除術・直腸切除術

腹腔鏡下肝切除術

膵頭十二指腸切除術

右側結腸切除

PAGE TOP

乳腺・内分泌外科

乳房切除術

PAGE TOP

呼吸器外科

胸腔鏡下肺部分切除術

肺切除術

PAGE TOP

整形外科

前十字靱帯(ACL)再建術

後十字靱帯(PCL)再建術 

人工股関節置換術

人工膝関節置換術

PAGE TOP

泌尿器科

経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-Bt)

体外衝撃波結石破砕術(ESWL) 

経尿道的前立腺切除術(TUR-P)

除睾術

ロボット支援前立腺全摘術(RARP)

腹腔鏡下腎尿管全摘術 

開腹下腎摘出術

腹腔鏡下腎摘出術 

膀胱全摘および回腸導管造設術 

PAGE TOP

耳鼻咽喉科

睡眠時無呼吸症候群 

全身麻酔下 扁桃摘出術

鼓室形成術

局所麻酔下 扁桃摘出術 

内視鏡下副鼻腔手術

鼻中隔矯正術

耳下腺腫瘍摘出術

甲状腺全摘出術

顎下腺摘出術

末梢性めまい

PAGE TOP

歯科口腔外科

口腔内手術(静脈麻酔)

口腔内手術(全身麻酔) 

PAGE TOP

小児科

急性気管支炎・肺炎(10kg以上)

川崎病(免疫グロブリン) 

気管支喘息発作

ウイルス性胃腸炎

気管支鏡検査

腎生検(小児)

食物負荷試験

低身長(アルギニン・L-DOPA負荷)

PAGE TOP

未熟児

低出生体重児

新生児高ビリルビン血症 

PAGE TOP

産婦人科

円錐切除術(腰椎麻酔)

腹腔鏡下子宮全摘

(開腹)悪性腫瘍手術

ロボット支援下子宮全摘

腹腔鏡下卵巣腫瘍摘出術

子宮鏡下摘出術

膣式子宮全摘、膣壁形成術

TC療法

CDDP-RT療法

ロボット支援下仙骨膣固定術

PAGE TOP

皮膚科

帯状疱疹

蜂窩織炎

皮膚腫瘍切除および植皮

水痘症

レミケード

PAGE TOP

眼科

白内障(外来)

PAGE TOP

脳神経内科

 血栓溶解療法(t-PA)

PAGE TOP