• 研修医サイト

  • 看護局サイト

  • 一宮市立
    木曽川市民病院

がん相談支援センター

概要

がん相談支援センターは、患者さんやご家族のほか、地域の方々どなたでもご利用いただける、がんに関すること全般の相談窓口です。がん専門相談員(看護師・医療ソーシャルワーカー)がお話を伺い、相談内容に応じて認定看護師・薬剤師・管理栄養士・公認心理師などの各専門職とともに対応いたします。

※対面での面談のほか、電話やメールでの相談も可能です。

場所 南館C棟2階
受付時間 平日9:00~16:00
電話 0586-71-1911(内線6230・6231)
メールアドレス gansoudan@municipal-hospital.ichinomiya.aichi.jp
相談料 無料
認定資格

がん性疼痛看護認定看護師、社会福祉士、精神保健福祉士、介護支援専門員、認定がん専門相談員、両立支援コーディネーター

例えばこんなとき、ご相談ください

  • がんと言われて何も考えられない
  • 医師の話がよくわからない
  • セカンドオピニオンについて知りたい
  • 緩和ケアについて知りたい
  • 地域の病院や診療所に関する情報を知りたい
  • 仕事に関する相談
  • 将来子どもを持つことに関する相談
    ※妊孕性温存を希望される場合に、連携医療機関へ紹介することができます。
  • がんゲノム医療(がん遺伝子パネル検査)に関する相談
    ※検査の結果を踏まえて、当院での治療あるいは連携医療機関へ紹介します。
  • 思春期・若年成人(AYA世代)における、がん患者の悩みについて
  • 希少がん、小児がん、AYA世代のがんについて知りたい
    ※患者さんの状況に合わせて、連携医療機関へ紹介することができます。
  • 当院で対応できない治療内容の場合は、患者さんの住居等を勘案し、対応可能な医療機関へ紹介します(名古屋大学医学部附属病院、愛知県がんセンター、名古屋市立大学病院など)。
  • 集学的治療等が終了した後のフォローアップについて、がん地域連携クリニカルパスなどを適用できる患者さんについては、連携する医療機関の情報提供をし、必要に応じて紹介を行います。連携する医療機関の詳細については、担当者にお尋ねください。

また、がん相談以外の活動として、患者さん同士が不安や悩みを共有できる「患者サロン会」・社会保険労務士による「がん就労支援」・がんの経験を持つ相談員(ピアサポーター)と相談できる「がん患者相談会」などを開催しております。また、センター内の「図書コーナー」には、がんや医療に関する書籍のほか、リラックスしていただける図書も取り揃えていますので、ご自由にご利用ください。

※一部の図書は貸し出しもできます。

※お問い合わせ
がん相談支援センター(担当:澤田・山口)
電話:0586-71-1911(内線6231)

患者サロン会・個別相談会・グループ活動

➀「がん患者サロン会・勉強会」

このサロン会は、「全てのがん種の患者さんとご家族」を対象とした会です。患者さんとご家族が、がんに関するさまざまなことを勉強することができ、患者さん同士の顔の見えるつながりを持つことができるように、2016年から開始しました。

内容 講演会(市民公開講座)と、おしゃべり会
対象 前半の講演会 どなたでも参加可能(市民公開講座)
後半のおしゃべり会 がん患者さんとご家族
※当院にかかっていない方でも参加OKです。
日時 偶数月(曜日不定)13:30~15:30
場所 11階講堂
参加方法 事前申し込み不要
当日直接会場にお越しください

2023年度のスケジュールはこちら

2023.10.17「がん患者サロン会・ 勉強会」開催のお知らせ

~スタッフから~

がん患者さんやそのご家族で、
「この演題は興味あるわぁ~。」とか、
「他の患者さんの療養生活の工夫を聞いてみたいなぁ。」とか、
「おしゃべりしに行こかいな?」とか思われた方は、是非、「がん患者サロン会・勉強会」に足をお運びください。
スタッフ一同、お持ちしています。

②「女性のがんサロン会」

女性限定のおしゃべり会です。

内容 患者さん同士のおしゃべり会
対象 女性のがん患者(がん種問わず)
※当院にかかっていない方でも参加OKです。
日時 奇数月第3金曜日13:30~14:30
場所 C棟2階がん相談支援センター会議室
定員 20名程度
参加方法 事前申し込み(申込用紙に記入またはがん相談支援センターへ電話)

2023年度のスケジュール、参加方法などの詳細はこちら

~スタッフから~

サロン会では、療養上の悩みや不安など、同じ思いを持った仲間同士でのふれあいがあります。また、がんとともに生きていくための暮らしの工夫の情報や、病気に対する理解を深めるための様々な情報を共有する場でもあります。みんなで語り合える、安らげる場所にしていけたらと思います。気軽に何でも話せる女子会に参加しませんか。

③「がん再発・転移のある方のためのおしゃべり会」

再発がわかった時のショックは、最初に診断がついた時よりも強いことが多いと言われています。初発の人には話しづらいことがある、と言う患者さんの声を受け、令和2年11月から再発した人、初発でも転移がある人とそのご家族を対象としたおしゃべり会を開催しています。

内容 患者さん同士のおしゃべり会
対象 再発・転移の診断を受けられたがん患者
※当院にかかっていない方でも参加OKです。
日時 偶数月第4金曜日13:30~14:30
場所 C棟2階がん相談支援センター会議室
定員 7名程度(期日前に定員に達した場合はその時点で締め切り)
参加方法 事前申し込み(申込用紙に記入またはがん相談支援センターへ電話)

2023年度のスケジュール、参加方法などの詳細はこちら

~スタッフから~

同じような境遇にある人と出会い、仲間だから言いやすいこと、笑い合えること、つらいこと、悩んでいることを共有できる時間と場所を用意しています。日頃感じていること、心のモヤモヤなどを言葉にしてみませんか。

④ピアサポーターによる、がん患者相談

ピアサポーターとは、研修を受けたがんの治療体験を持つ人のことです。当院では、名古屋市にある「NPO法人ミーネット」の協力を得て、ピアサポーターによる個別相談会を開催しています。

内容 ピアサポーターとの個別相談
対象 がん患者さんとご家族
当院にかかっていない方でも参加OKです。
日時 毎月第4火曜日10:00~12:00おひとり40分程度
場所 C棟2階がん相談支援センター相談室
参加方法

がん相談支援センターへご予約をお願いします。
※予約に空きがあれば、当日の受付も可能です。
詳しくはこちら

~スタッフから~

治療による悩み、病気の症状、日常生活や仕事の悩みなどについて、患者さんの立場で話せるのが、ピアサポーターさんです。医療者やご家族とは違った立場からのアドバイスを聞くことができます。ちょっとした悩みでも、がん治療の先輩として、優しく聞いてくれます。ぜひお越し下さい。

⑤社会保険労務士による、がん患者就労相談

がん患者さんにとって、体調に合わせて治療と仕事を両立させていくことは非常に重要なことです。当院では、平成27年から愛知県社会保険労務士会と連携して、就労や社会保障制度の専門家である社会保険労務士に来院して頂き、個別の相談会を開催しています。

(相談の例)

  • 職場で病名を話していないが、正直に話したほうがいいのでしょうか。
  • 小さな会社でどのような支援制度があるのか分かりません。
  • がんでも障害年金はもらえる?
  • 仕事を辞めたら医療保険はどうなるの?
内容 社会保険労務士による個別相談
対象 がん患者さんとご家族
※当院にかかっていない方でも参加OKです。
場所 南館C棟2階がん相談支援センター面談室
日時 毎月第4火曜日10:00~12:00
おひとり40分程度
※ピアサポーターによる相談会と同日開催
参加方法 がん相談支援センターへご予約をお願いします。
※予約に空きがあれば、当日の受付も可能です。
詳しくはこちら
~スタッフから~

一宮市内で開業されている社会保険労務士さんが来院して相談をしてくれます。会社との話し合いのコツや、失業手当金、障害年金など社会保障制度のことなど気軽に相談できます。病気が原因で退職を考えている方は、専門家に相談してからでもいいかもしれません。会社勤めでない方でも大丈夫です。

⑥脱毛・ウイッグ説明会

がん相談支援センターでは、抗がん剤・放射線治療をされる患者さんのため、ウイッグの専門企業に来院していただき「脱毛・ウイッグ説明会」を開催しています。抗がん剤による脱毛のこと、ウイッグの基礎知識、ネイルケア、ケアグッズの紹介などについての説明を、医療用ウイッグのメーカーさんから聞くことができます。もちろん、ウイッグを買ったりしなくてOKです。※販売会ではありません。

内容 ウイッグ専門企業による個別相談
対象 がん患者さんとご家族・友人
※当院にかかっていない方でも参加OKです。
場所 南館C棟2階がん相談支援センター面談室
日時 毎月第2月曜日10:00~12:00おひとり30~60分程度
参加方法 がん相談支援センターへご予約をお願いします。
※予約に空きがあれば、当日の受付も可能です。
詳しくはこちら
~スタッフから~

名古屋の医療用ウイッグ専門企業の担当者が、脱毛やネイルケア、ウイッグの購入についてのアドバイスをしてくれます。ウイッグの購入を検討中の方や、日々のケアにお悩みの方は、専門企業からのアドバイスを参考にしてみるのもよいかもしれません。

⑦ちくちく♪くらぶ

ピアサポーターさんが、自身の乳がんの体験をもとに術後間もなくからお使いいただけるバストケアのための補正パッドを手作りされています。

内容

補正パッドの作成

パッドの使い方や下着選びやバストケアのための情報の提供など
対象

乳がん術後で手作りパッドをご希望の方

(当院での治療や通院がなくてもOKです)

場所 南館C棟2階がん相談支援センター
日時 毎月第2・第4水曜日10:00~12:00
参加方法

ご希望の方はがん相談支援センターへ予約をお願いします。

(完全予約制 おひとり約1時間で10:00~、11:00~ )

ピアサポーターさんの都合により急なお休みや予約の変更をお願いすることがあります。

材料代として1個につき600円が必要になります。

パッドのサイズ決定をスムーズにするため、お使いの下着をお持ちください。


  詳しくはこちら
~スタッフから~

補正パッドはピアサポーターさんの経験をもとに手作りしていただけます。ひとりひとりに合わせて様々な工夫があり、とても好評でリピーターも多く大人気です。

関連サイト

独立行政法人国立がん研究センター がん対策情報センター がん情報サービス

サイトマップ