薬剤局

薬剤局長あいさつ

当院の薬剤局は、病院の基本理念「地域住民の皆さんに愛され、信頼される病院」を目指し、患者さんに安全で効果の高い薬物療法を受けて頂くために様々な取り組みを行っております。

外来患者さんには、国策でもある院外処方箋を推進し地域医療の発展を図っております。そのため、当院と保険調剤薬局との間では様々な連携を行い情報の共有(薬薬連携)をすすめています。

入院患者さんには、質の高い薬物療法を受けて頂くために、全病棟に薬剤師が常駐し、持ち込み薬の確認、無菌環境下での注射薬の調製、入院中の薬の説明、他職種カンファランスへの参加などを行っています。

また、薬剤師はチーム医療へ積極的に参画しております。外来では、外来化学療法室、薬剤師外来、患者サポートセンターに常駐し、入院では、栄養管理、疼痛管理、感染管理、褥そう管理チームなどに参加し適正な薬物治療への介入を行っております。

その他にも、専門・認定薬剤師の育成にも力を入れており各種領域における専門・認定薬剤師が複数名誕生し、質の高い薬物療法に貢献できる体制を整えています。また、「日本医療薬学会がん専門薬剤師研修施設」・「日本医療薬学会薬物療法専門薬剤師研修施設」の施設認定も取得しています。

当院は、薬剤師が患者さんへ入院前の外来時から、入院中、退院後もシームレスに(途切れなく)寄り添い、安心安全な薬物療法を提供するために日夜頑張っております。

薬に対して不安やご相談がありましたら、いつでも気軽にお声をかけてください。

薬剤局長 桜田宏明

当院薬剤局では「地域住民の皆様に愛され、信頼される病院」実現のため、患者さんに寄り添い安心・安全な薬物療法を提供するスペシャルな薬剤師を目指しております。
薬に関しての不安な点やご相談などがございましたらお気軽に「薬剤師」に声をおかけください。

PAGE TOP

PAGE TOP