肥満症専門外来

肥満症とは

・「肥満」とは脂肪組織が過剰に蓄積した状態で、日本ですとBMI{体重(kg) /身長(m)2}が25 kg/m2以上の状態を指します。

・「肥満症」とは肥満(BMI ≧ 25 kg/m2)があり、肥満が原因ないし関連する病気を合併し減量を要する(減量により改善または進展が押さえられる)状態を指します。また肥満がありウエスト周囲径と検査によって内臓脂肪が蓄積した状態も「肥満症」と診断されます。

・BMIが35 kg/m2以上の「肥満症」は「高度肥満症」と呼ばれます。

PAGE TOP

肥満が原因で起こる病気

肥満は様々な健康障害の原因となることが分かっています。

  1. 耐糖能障害(2型糖尿病や耐糖能異常など)
  2. 脂質異常症(血中コレステロールや中性脂肪の異常)
  3. 高血圧
  4. 高尿酸血症・痛風
  5. 冠動脈疾患:心筋梗塞・狭心症
  6. 脳梗塞:脳血栓症・一過性脳虚血発作
  7. 非アルコール性脂肪性肝疾患
  8. 月経異常・不妊
  9. 閉塞性睡眠時無呼吸症候群・肥満低換気症候群
  10. 運動器疾患:変形性関節症(膝関節症や股関節症など)・変形性脊椎症
  11. 肥満関連腎臓病

PAGE TOP

肥満症専門外来の目標

・肥満症の治療目標は、減量によって肥満に伴う健康障害を解消あるいは軽減、予防することです。

・下記の図はメタボリックドミノと言い、最初はわずかな生活習慣からの肥満がやがてドミノ倒しのように様々な病気へと繋がるということを表した図です。これらの病気を予防したり改善するには、肥満症(25 kg/m2 ≦ BMI < 35 kg/m2)の方は現在の体重から3%、高度肥満症(35 kg/m2 < BMI)の方は5~10%異常の減少が目標とされています。実際には患者さんの状態や希望を踏まえながら柔軟な対応をして参ります。

・また肥満症専門外来では肥満症となる内分泌疾患などをお持ちでないか、上記の健康障害の有無や程度を検査し各専門科と連携して参ります。

PAGE TOP

治療方針

・下記の図は肥満症の治療方針となります。食事療法、運動療法および行動療法などで目標が未達成の方には外科治療あるいは薬物療法も検討しますが、食事運動療法はその場合でも同時に継続していく必要があります。

・肥満症の治療は患者さんが中心となりますが、成功するためには下記の図のように多職種が関わりサポートして参ります。患者さんの思いやライフスタイルを尊重した治療ができるよう連携を取りながら一体となって診療を行って参ります。

PAGE TOP

内科治療

・肥満は下記の図のように摂取エネルギーが消費エネルギーを上回ることで脂肪が蓄積した状態です。そのため肥満症の治療では摂取エネルギーを減らし、消費エネルギーを増やすことでエネルギーバランスを負の状態にすることが重要です。一時的な減量はできても長い期間、減量した体重を維持することは簡単ではありません。そこで当院では肥満症専門医のもと食事療法、運動療法、行動療法、薬物療法および外科治療を患者さんの状態に合わせてコーディネートして参ります。

PAGE TOP

外科治療(減量・代謝改善手術)

当院では保険診療で行う腹腔鏡下スリーブ胃切除術(K656-2)を全身麻酔で行っています。

・手術適応は下記のうち①あるいは②に該当し、当院で手術が適切と判断された場合です。※年齢は原則として18歳から65歳までです。

<手術適応①>

 6か月以上の内科的治療によっても十分な効果が得られない。

 BMIが35 kg/m2以上。

 糖尿病、高血圧症、脂質異常症、閉塞性睡眠時無呼吸症候群の一つ以上がある。

<手術適応②>

 6か月以上の内科的治療によっても下記疾患のコントロールができない。

 BMIが32.5~34.9 kg/m2で糖尿病がありHbA1c 8.4%以上。

 重症高血圧症、重症脂質異常症、重症閉塞性睡眠時無呼吸症候群のいずれかが合併している。

PAGE TOP

肥満症専門外来への受診について

・診療日時:毎週月曜・水曜・木曜・金曜日の13時00分~13時30分(完全予約制)
・診察場所:南館2階、Hブース「糖尿病・内分泌内科」内
・お問い合わせ先:地域医療連携室直通(0586)71-1933 ※かかりつけ医にご相談し、紹介状をお持ちの上お問い合わせ下さい。

・受診後の流れ

PAGE TOP