糖尿病・内分泌内科

糖尿病・内分泌内科とは

糖尿病内科
・糖尿病は血糖値(血液の中のブドウ糖の濃度)が高くなる病気です。
・膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが足りないか効かないと血糖値が高くなります。
・初期には症状がありませんが、長い間続くと特徴的な併発症(眼の網膜症、腎症、神経障害)を引きおこします。さらには全身の動脈を硬くし、心筋梗塞、脳梗塞および下肢の閉塞性動脈硬化症の原因となります。また感染症に対する抵抗力が低下したり、肝臓癌や膵臓癌などの悪性腫瘍、歯周病、骨折および認知機能障害など様々な疾患のリスクが増大することが分かっています。
・血糖値が著しく高くなると口の渇き、多飲、多尿や体重減少を引きおこし、昏睡状態や死に至ることもあります。

糖尿病治療の目標は、こうした併発症や様々な疾患の発症および増悪を防ぎ、健康な人と変わらない日常生活の質(QOL)を維持し、健康な人と変わらない寿命を確保することです。


内分泌内科
・ホルモンに関連する疾患を取扱います。ホルモンとは血液を介してある臓器(細胞)から別の臓器(細胞)へと情報を伝達する生理活性物質のことです。
・ホルモンを分泌する臓器には、間脳下垂体、甲状腺、副甲状腺、膵臓および副腎などがあり、それぞれにホルモンが高くなる病気および低くなる病気があります。
・ホルモンの異常により、高血圧、動悸や不整脈、電解質異常、糖尿病や肥満症のような代謝疾患など様々な疾患が引きおこされます。

これらの疾患を正確に診断し、治療につなげていきます。

当科では両方の分野の専門医が多数在籍し診療にあたっています。

また脂質異常症や高尿酸血症などの代謝疾患、肥満症およびメタボリックシンドロームについても取り扱っています。

PAGE TOP

糖尿病・内分泌内科 外来診療医担当表

休診日:土・日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
受診受付時間 :午前8時~11時15分(全科)  ※ただし、急患の方は、随時受付いたします。

糖尿病・内分泌内科
外来診療医担当表はこちら

PAGE TOP

スタッフ紹介

氏名 恒川 卓
職名 科部長

 

 

資格・専門領域等

資格:
医学博士
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・内科指導医
日本糖尿病学会糖尿病専門医・研修指導医
日本糖尿病協会療養指導医
日本内分泌学会内分泌代謝科専門医・指導医・評議員
日本甲状腺学会専門医
日本肥満学会専門医・評議員
日本医師会認定産業医
専門領域:
内分泌疾患全般、糖尿病、肥満症
 
氏名 溝口 暁
職名 医長

資格・専門領域等

資格:
日本内科学会総合内科専門医・認定医・研修指導医
日本医師会認定産業医
日本甲状腺学会専門医
日本糖尿病学会糖尿病専門医
日本内分泌学会内分泌代謝科専門医
日本糖尿病協会療養指導医
医師の臨床研修に係る指導医講習会修了
専門領域:
内分泌疾患全般、糖尿病
 
氏名 山口 麻里子
職名 副医長

資格・専門領域等

資格:
日本内科学会認定医
日本糖尿病学会専門医
日本内分泌学会内分泌代謝科専門医
医師の臨床研修に係る指導医講習会修了
専門領域:
内分泌疾患全般、糖尿病
 
氏名 津留 香里
職名 医員

資格・専門領域等

資格:
日本内科学会認定内科医
日本内分泌学会内分泌代謝科専門医
日本医師会認定産業医
専門領域:
内分泌疾患全般、糖尿病
 
氏名 寺田 良磨
職名 医員

資格・専門領域等

資格:

 

専門領域:

 

 
氏名 高島 裕美
職名 医員

資格・専門領域等

資格:
日本内科学会認定医
専門領域:
内分泌疾患全般、糖尿病

 

 
氏名 片平 正人
職名 非常勤医師

資格・専門領域等

資格:
日本内科学会総合内科専門医
日本内科学会認定医
日本糖尿病学会専門医、研修指導医
日本内分泌学会内分泌代謝科専門医、指導医
日本甲状腺学会専門医
米国内科学会上級会員(FACP)
医学博士
専門領域:
内分泌疾患全般、糖尿病

 

PAGE TOP

こんな病気を取り扱います

・糖尿病(1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠糖尿病、ステロイド糖尿病など)
・代謝性疾患(脂質異常症、高尿酸血症など)
・肥満症(原発性肥満、内分泌性肥満など)
・メタボリックシンドローム

・甲状腺疾患(バセドウ病、橋本病、甲状腺腫瘍など)
・間脳下垂体疾患(先端巨大症、クッシング病、プロラクチノーマ、下垂体機能低下症、ACTH単独欠損症、成長ホルモン分泌不全症、中枢性尿崩症、リンパ球性下垂体炎など)
・副腎疾患(原発性アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腫、副腎偶発腫瘍など)
・膵消化管神経内分泌腫瘍(インスリノーマなど)
・副甲状腺機能異常に伴う骨・カルシウム代謝異常

※なお膠原病・リウマチ性疾患は当科では診療をしておりません。障害を起こしている臓器別の診療科か、全身性のものであれば膠原病内科などの受診をお願いいたします。また、摂食障害(神経性やせ症、神経性過食症など)も当科では扱っておりませんので、精神科・心療内科のある病院の受診をご検討下さい。

PAGE TOP

糖尿病・内分泌内科外来

・患者さんの社会生活背景を考慮し信頼関係を深めながら、一人一人に適した医療を提供することを目標としております。
・当科の取り扱う疾患は長期間にわたることが多く、地域の医療機関、当院の各専門科および多職種からなる糖尿病ケアチームのメンバーと連携しながら、疾患の予防、早期発見および治療全般においてライフステージにあった質の高い医療ができるよう努力しております。

糖尿病の検査と治療

<糖尿病および併存症の検査>

・糖尿病の病態および糖尿病の併存症を把握する検査があります。
 詳しくはこちらを閲覧下さい。(PDF)

<糖尿病透析予防指導>

・現在わが国では毎年3万人以上が透析導入となっており、糖尿病腎症が原因の第1位です。
・当院では、糖尿病腎症の進展を防ぎ、新規に透析導入になる患者さんを減らすことを目的に、医師、看護師および管理栄養士が協力して支援する糖尿病透析予防指導を行っております。
  詳しくはこちらを閲覧下さい。(PDF)

<糖尿病ケアチーム>

・糖尿病の治療はただ血糖を下げればよいだけではなく、長い付き合いが必要となります。当院の糖尿病治療は、各職種が日本糖尿病療養指導士(CDEJ)の資格を持つ糖尿病ケアチームを中心として、患者さんとの対話を重視しながら糖尿病療養生活を総合的にサポートしていきます。
・多職種が連携をはかるために週1回のカンファレンスで意見交換を行っています。

     

【チームメンバー】医師、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士、管理栄養士、助産師および看護師

【活動内容】
・栄養指導(管理栄養士)
・フットケア外来(看護師)
・糖尿病療養指導(看護師)
・インスリン自己注射指導(薬剤師・看護師):外来、入院問わず行うことができます。
・血糖自己測定指導(看護師、薬剤師):外来、入院問わず行うことができます。
・糖尿病透析予防指導(医師、看護師、管理栄養士)
・妊娠糖尿病および糖尿病合併妊娠への指導(看護師)
・運動療法、筋力測定および体組成測定(理学療法士)
・外来および入院糖尿病教室(全職種)
・カンバセーションマップ(医師、看護師)
・世界糖尿病デー啓発イベント(全職種、11月)
・糖尿病おしゃべり会(全職種、2月および3月)

詳しくは糖尿病ケアチームのページも閲覧ください。

<糖尿病教育入院>

・食事運動療法や薬物による血糖値の改善だけでなく、糖尿病の病態や合併症の検査を行い、多職種が個人および集団指導によって関わることで糖尿病に対する理解を深めることをお手伝いします。
・通常の入院期間は2週間ですが、ご要望および病状にあわせて柔軟に対応いたします。

<24時間持続血糖モニタリング>

・簡単に装着でき、最大2週間、24時間の血糖変動を知ることができるFreeStyleリブレを当院では採用しています。また血糖値の変化を常時機器上に表示しアラート機能も有する最新のリアルタイムCGMにも対応しております。
・こうした血糖推移のデータをパソコンで分析し治療に役立てていきます。詳しくは当科外来担当医にご相談下さい。

    

<インスリンポンプ治療>

・インスリンを頻回注射しても血糖コントロールが安定しない患者さんに対しては、最新のインスリンポンプ機器(持続皮下インスリン投与: CSIIおよびセンサー付きポンプ療法: SAP)による治療も行っています。詳しくは当科外来担当医にご相談下さい。

 

PAGE TOP

内分泌疾患の検査と治療

他科と連携した専門性の高い検査および治療が可能であり、ほとんどの内分泌疾患について診断から治療まで当院で完結することができます。

<甲状腺超音波検査 >

・甲状腺の大きさや性状、腫瘍病変の位置・大きさ・性状を調べることで甲状腺疾患の診断に役立ちます。
・食事制限は不要で超音波検査室にて行います。所要時間は20分程度です。

<甲状腺穿刺吸引細胞診>


・甲状腺に腫瘍が見つかった場合には超音波検査で甲状腺の内部を確認しながら、腫瘍に針を刺して細胞を採取し顕微鏡で細胞の良悪性を判定します。

・主に水曜日の午後(一部火曜日の午後)に超音波検査室にて行います。
所要時間は20分程度です。

<バセドウ病のアイソトープ治療(131I内用療法)>

・バセドウ病において、抗甲状腺薬が無効な場合や副作用のため使用できない場合は、放射線治療科に依頼し131I内用療法(放射性ヨード治療)も外来にて施行しています。詳しくは当科外来担当医にご相談下さい。

<内分泌負荷試験>

・注射、点滴あるいは薬の内服をして、時間経過とともに採血をすることで、体の中のホルモンのバランスを調べる検査です。
・ブドウ糖負荷試験の他、安全性が高く2時間程度で終了する内分泌負荷試験は外来で行うことができます。
・一部の経過観察が必要な検査や、長時間を要する検査については入院の上実施します。

<副腎静脈サンプリング>

・原発性アルドステロン症は高血圧患者の3から10%ほどにひそむとされており、当科でも診断から治療まで積極的に取り組んでおります。
・副腎静脈サンプリングとは、副腎静脈から血液を採取(サンプリング)する検査です。検査は主に原発性アルドステロン症と確定診断された方に、アルドステロンが左右の副腎どちらから主に分泌されているか(局在診断)を明らかにする目的で行います。
・放射線診断科に依頼し、入院のうえ検査を行います。

<肥満症の精査と治療、減量入院>

・肥満症はBMI(Body Mass Index)が25以上で関連する健康障害または内臓脂肪蓄積がある場合に診断されます。
・肥満症および併存症の検査、多職種を連携しながら外来あるいは入院での内科的アプローチ(食事療法、運動療法および行動療法)を行い、減量によって健康障害の軽減や予防を目指します。
・内科的治療に抵抗性の肥満症には外科手術も適応となります。

PAGE TOP

施設認定の状況

日本糖尿病学会認定教育施設Ⅰ

日本内分泌学会認定教育施設

PAGE TOP