循環器内科

 

循環器内科とは

狭心症、心筋梗塞(急性期、慢性期を問わず)などの虚血性心疾患、弁膜症、成人の先天性心疾患、心筋疾患、心膜疾患、心不全、高血圧性心疾患、不整脈など心疾患のすべてを対象とします。特に虚血性心疾患では、その原因である高脂血症や糖尿病などの治療もしております。また、心房細動が原因となる心原性脳塞栓症の予防の為の治療も行っております。その他にも、大動脈解離、大動脈瘤などの大動脈疾患、閉塞性動脈硬化症、腎血管性高血圧等の末梢動脈疾患、肺塞栓、下肢深部静脈血栓症等、心血管系の疾患すべてを診療対象にしています。
メタボリックシンドロームが話題になりましたが、メタボリックシンドロームでは、心筋梗塞の可能性が10から30倍になるといわれております。生活習慣(食生活など)の変化から気づかない間に動脈硬化が進行している場合が多いのです。高血圧・肥満・糖尿病・高脂血症などの治療を受けている方の中にも自覚症状のないままに動脈硬化が進行している場合が少なくありません。そこで、当院では、患者さんの負担が少ない心臓CTを積極的に用い、動脈硬化の程度を正確に把握したうえで、予防・治療に積極的に取り組んでおります。
受診される前から病名が分かっているわけではありませんので、病名を列記しても戸惑われる方が多いと思います。実際に受診される患者さんは、動悸・息切れ・胸痛・眩暈等の症状が多いようですが、少しでも心臓について不安があるのであれば、御相談下さい。月曜日から金曜日まで新患外来を行っております。新患外来は、必ず、日本循環器学会専門医が対応しております。

※ 心血管内治療の充実について

心血管内治療は、主に狭心症・心筋梗塞に対する経皮的冠動脈形成術や、不整脈に対するアブレーションといったカテーテル治療やペースメーカー植え込み術などに取り組んでいます。愛知県立尾張病院、愛知県立循環器呼吸器病センター、そして一宮市立市民病院に統合、と変遷してまいりました。この貴重な経験で培った知識と技術を活かし、 さらに良質な循環器医療を提供したいと考えております。
院外心停止症例に対しても、経皮的心肺補助装置(PCPS)や脳低温療法などの高度な医療を用いて積極的に取り組み、その蘇生率の向上を目指しております。最新の治療に対しても、最新の知見とともに取り入れております。

西尾張地区で唯一、カテーテルを用いた大動脈弁置換術を行っております。


また、上記の治療ばかりでなく、リハビリテーション、栄養指導や服薬指導、退院後のケア、予防医学など総合的で多角的な医療に取り組んでおります。
心血管内治療では、医師・看護師・薬剤師・臨床工学技士・放射線技師・検査技師などの幅広い職種のスタッフが医療チームを形成し、一丸となって患者さんに正確な診断・最適な治療を提供し、笑顔で退院していただくことを最大の目標としております。
 


PAGE TOP

24時間365日体制

循環器内科医は、24時間365日


心筋梗塞など心臓血管は、場合急激に発症し、時間との勝負です。どれだけ早く治療ができるかが勝負です。決して極端な話ではなく、5分が生死を分けることがあります。当院では、循環器疾患に迅速に対応すべく循環器内科医が24時間365日病院に常駐する体制を整え、これまで継続してきました。救急外来や一般外来で循環器内科医が対応し、必要に応じて心臓血管外科・血管外科へとバトンをつなぎます。
入院していただいた患者様に対しても、24時間365日は重要でです。循環器医が24時間365日病院に常駐し、予測不能な循環器疾患に対して、即座に対応することができます。このような時に、循環器医がすぐに対応できる施設とそうでない施設では、自ずと結果もかわってくると思います。循環器医が院内にいたからこそ、すぐに対応でき、無事退院できた患者様を今まで何人もいらっしゃいます。
当院で継続することが可能であったのは、循環器内科医だけではなく、心臓外科チームをはじめ、看護師、臨床工学士、放射線技師などの協力があったからこそで、我々と共に医療にかかわる多くのスタッフの想いが結実した結果であり、今後とも大切にしていきたいと考えております。

地域の医療を支える先生・看護師・ケアマネージャーにとっても、24時間365日体制は後方の安心になるものと考えております。
循環器内科には直通の電話回線があります。病診連携室にご確認いただき、緊急の際には(結果として、緊急でなかったとしてもかまいません)、ご連絡ください。

PAGE TOP

 

循環器内科 外来診療医担当表

休診日:土・日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
受診受付時間 :午前8時~11時15分(全科)  ※ただし、急患の方は、随時受付いたします。

循環器内科
外来診療医担当表はこちら


PAGE TOP

スタッフ紹介

氏名 志水 清和
職名

副院長
循環器センター長
患者サポートセンター長

資格・専門領域等

資格:
医学博士
日本循環器学会専門医
日本救急医学会専門医
日本集中治療医学会集中治療専門医
日本内科学会総合内科専門医
日本心血管インターベンション治療学会指導医
植え込み型除細動器・両心室ペースメーカー認定医
日本救急医学会ICL認定コースディレクター・インストラクター
JMECCインストラクター
専門領域:
心血管内治療 循環器疾患
氏名 山田 道治
職名 循環器内科部長

資格・専門領域等

資格:
医学博士
日本循環器学会専門医
日本内科学会総合内科専門医
専門領域:
心血管内治療 循環器疾患
氏名 浅井 徹
職名 心血管内治療部長

資格・専門領域等

資格:
医学博士
日本循環器学会認定循環器専門医
日本内科学会認定内科医
植え込み型除細動器・両心室ペースメーカー認定医
日本不整脈心電学会認定 不整脈専門医
専門領域:
不整脈治療、循環器疾患
氏名 大橋 雅子
職名 医長

資格・専門領域等

資格:
医学博士
日本循環器学会認定専門医
日本内科学会総合内科専門医
氏名 杉浦 剛志
職名 医長

資格・専門領域等

資格:
日本循環器学会認定専門医
日本内科学会認定医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
氏名 梅本 紀夫
職名 医長

資格・専門領域等

資格:
日本内科学会認定医
日本循環器学会専門医
氏名 澤村 昭典
職名 医長

資格・専門領域等

資格:
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器病学会循環器専門医
日本医師会認定産業医

 

 

氏名 飯尾 友理
職名 医員

資格・専門領域等

資格:
日本内科学会内科認定医
氏名 井上 祥
職名 医員

資格・専門領域等

資格:
日本内科学会認定内科医
日本DMAT隊員養成研修修了 日本DMAT隊員
日本静脈経腸栄養学会TNT研修会修了NST医師
緩和ケア研修会修了
氏名 今岡 拓郎
職名 医員

資格・専門領域等

資格:
専門領域:

 

氏名 岡田 太郎
職名 非常勤医師

資格・専門領域等

資格:
日本循環器学会専門医
日本内科学会認定医
氏名 安田 信之
職名 非常勤医師

 

氏名 墨 卓哉
職名 非常勤医師

資格・専門領域等

資格:
専門領域:

 

PAGE TOP

当院循環器内科について

当院は平成22年より愛知県立循環器呼吸器病センターと統合いたしました。それから長い時間が経過いたしました。
当院では、根拠に裏付けられた治療を念頭に、アメリカ、ヨーロッパ、そして日本のガイドラインを遵守し治療方針を立てております。診断は、患者様のriskを十分に検討し、不必要な検査を除外できるよう努力しております。
治療に関しては、ガイドラインの順守はもちろんのこと、患者様特有の背景を十分吟味し、危険性/有用性のバランスを検討し、治療に取り組みます。
循環器疾患においては、「狭窄があるから拡張する」や「不整脈があるから治療する」など、安易な治療方針は不利益が多い場合があります。患者様に不利益がないように、ガイドラインに従った治療を心がけております。

当然のことですが、『病気を診るのではなく、病人を診る』をモットーにしております。患者さん、御家族とともに病気と向き合うことを方針としております。医療の根源は、患者様及び御家族の方との信頼関係です。
したがって、病気について十分理解していただくことが、我々の最も大切な責務であると考えており、様々な御要望や御質問に応えるよう努めております。

循環器疾患は急性疾患という印象が強いと思います。実は、循環器疾患は長く、継続的に治療を要するものが多いのです。安定した状態を長く続けるかが重要であり、長年にわたり患者様をサポートできるように地域の先生方に御指導いただきながら、綿密な病診連携をはかっております。

質の高い医療が求められるのは当然のことです。東海地区有数の症例を経験し、それぞれに真摯に向き合うことで、日々研鑽しております。それらの経験から得た知見を発信し、積極的に学会発表を行い絶えず自分たちの医療内容を検証し、決して自らの実績に溺れることなく、より質の高い医療を追求する姿勢を見失わないように努めております。

診療実績

    2014年 2015年 2016年 2017年 2018年  
検査 冠動脈造影 (CAG)       649 655  
  心臓超音波検査       6334 6880  
  心臓シンチグラフィー(SPECT)       601 743  
  冠動脈CT(CCTA)            
治療 経皮的冠動脈形成術 (PCI) 459 454 472 408 432  
  カテーテルアブレーション 114 118 119 117 156  
  ペースメーカー 72 75 67 76 101  
  埋込型除細動器 21 15 24 32 32  
  両心室ペーシング            
  カテーテル大動脈弁置換術           7
  経皮的弁形成術        9  9  
補助循環 経皮的心肺補助(PCPS) 18 12        
  IMPELLA® 1  
  低体温療法            


PAGE TOP

研究実績

2019年 英語論文

Shibata, Naoki, et al. Multimodality findings of coronary stenosis and aneurysm in Takayasu arteritis: a case report. Coronary Artery Disease, 2019.

ARAO Yoshihito, SAWAMURA Akinori et al.Early Blood Pressure Reduction by Intravenous Vasodilators Is Associated With Acute Kidney Injury in Patients With Hypertensive Acute Decompensated Heart.Circulation Journal, 2019, 83.9: 1883-1890.

2018年度 英語論文

Taniguchi, Toshio, et al. “Ultrasonographic and radiological imaging demonstrating an anomalous origin of the left coronary artery causing acute coronary syndrome in an adolescent.” Journal of cardiology cases 17.4 (2018): 141-145.

Mizutani, Takashi, et al. “The lactate clearance calculated using serum lactate level 6 h after is an important prognostic predictor after extracorporeal cardiopulmonary resuscitation: a single-center retrospective observational study.” Journal of intensive care 6.1 (2018): 33.

NEGISHI Yosuke, et al.Contrast-Induced Nephropathy and Long-Term Clinical Outcomes Following Percutaneous Coronary Intervention in Patients With Advanced Renal Dysfunction (Estimated GFR< 30).Circulation, 2018, 138.Suppl_1: A13284-A13284.

2019年欧州心臓病学会 (European Society of Cardiology)

Shibata Naoki Combination assessment of renal and hepatic dysfunction improves the predictability of prognosis in patients with acute decompensated heart failure.

Iio Yuri Digital zoom decreases radiation exposure dose up to 30% in percutaneous coronary intervention

Umemoto Norio Impact of coronary flow reserve as an important predictor for major adverse cardiac and cerebrovascular event in hemodialysis patients even in patients without myocardial perfusion abnormality.

Kajiura Hiroki Prognostic utility of Palliative Prognostic Index for prediction of 30-day and 1-year outcome in patients with acute decompensated heart failure

2018年欧州心臓病学会 (European Society of Cardiology)

Umemoto Norio Paroxysmal/persistent atrial fibrillation and/or atrial flutter is an independent predictor for all-cause mortality in hemodialysis patients. Impact of stress myocardial blood flow as an important prognostic predictor for all-cause mortality in hemodialysis patients.

Shibata Naoki Impact of stress myocardial blood flow as an important prognostic predictor for cardiovascular mortality in hemodialysis patients.

Mizutani Takashi Lactate clearance is one of the most powerful prognostic indicators in extracorporeal cardiopulmonary resuscitation.

 


PAGE TOP

循環器疾患に興味のある若い医療者へ

我々の twitter にて最新の知見・研究など報告しております。 twitterは一時停止中です。


PAGE TOP